イベントのご報告

6/9 暮らしの見学会「みんなが集まる土間のある暮らし」を見に行こう!のご報告

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

伊藤建築から始まったイトコーは、もうすぐ創業70年を迎えます。
70年を節目として、現専務が社長就任を予定しています。
専務は三代目として、これからのイトコーの家づくりを
「家の安心・安全は当たり前のこと。さらに+αの要素が暮らしを豊かにしてくれる。」と考えています。
 
そこで、より皆さんに体感していただくための企画が、「暮らしの見学会」!
暮らしの見学会では、住まい手様にご協力いただき、今の暮らしぶりをご紹介していただきます。
毎回大変好評で、「住まい手様から実際の暮らしの話を聞けてとても参考になった」と、参加者の満足度が高いことも特徴です。
 
今回見学させていただいたのは、築2年を迎えるI様。
「もっと土間での暮らしを愉しみたい!」とご相談があり、今回GOOD-TIME PLACEへとアップデートしました。
完成したばかりのGOOD-TIME PLACEのお披露目も楽しみです!
 

△玄関前に咲くアジサイが見頃を迎えていました。

 
あいにくの雨でしたが、開始時間近づくにつれて雨も弱まってきました。
 

△参加者の到着を待っている次男くん。なんだか緊張気味の様子。

 

△玄関戸には古い蔵戸を。

 
早速、参加者の方が、
「新しい家には土間が欲しいなって思ってて。今日の暮らしの見学会をとても楽しみにしていました。
蔵戸も素敵。この土間では色んな事ができそうですね!」
とおっしゃっていました。
 

△経年変化した素材は、趣のある印象。

 

△夏の暑い時期は、奥の引き戸をポリカから網戸にかえると、スーッと玄関から風が抜けて心地よい。

 

△落ち着いた雰囲気の玄関。

 
さぁ、暮らしの見学会のスタートです!
まずはI様をご紹介。
その際に、こんなこともおっしゃっていただきました。
「こだわりを持って家づくりをしました。
自分で調べて勉強もしたし、イトコーさんに教えてもらったこともたくさんある。
見学中にわからないことや気になることがあったら、何でも聞いて下さい。」
 

△丁寧に質問に答えてくれるI様。どんなことも親切に答えてくれるので、とっても聞きやすい!

 
玄関の蔵戸から始まり、I様のお住まいは「和」の雰囲気。
初めて訪れた方も「ホッ」とリラックスできるそんな空間。
 

△優しい光が届く吹抜け。陰と陽がバランス良く、心地よい空間。

 

△和室の地窓。塀までおよそ2mの間にあるモミジ。広がりを感じます。

 

△人形処たちばなを経営するI様。リビングから続く和室には人形が飾られていました。

 

△洗面台のタイル。「和」柄が素敵。

 

△階段にある本棚。階段を昇り降りしながら手に取れるのがおもしろい。

 

△ご主人の書斎。吹抜けに向かっているのでとっても明るい。

 
ここで気になる「夏の過し方」について質問が。
「夏の暑さはどうですか?」と聞いてみると、
 
「去年はさすがに36℃とか、そうなったときはクーラーを使った。
ここはかなり住宅街で隣の家も近いけど、風の通り道や入り方を考えてもらったので、窓を開ければ風が通るから気持ち良い。
だから、クーラーは必要以上に使わないで済んでいる。」とのこと。
 

△お子さんだけでなく、ご主人も裸足!

 
「今日みたいに梅雨の時期は、モイスのおかげでジメジメしない。
それに床は無垢板だからさらっとして、肌触りがとても気持ちが良い。
子どもたちは年中裸足で過ごしてる。」
 
素材選びにもこだわったI様。
まさに、今の暮らしで素材それぞれの特徴を実感している様子。
 

△家事や育児についてお応えする奥様。

 
「子どもたちにとって家が遊び場になった。1階からロフトまでいろんな場所で こんな遊びがあったのね! と大人が思いつかない遊び方で楽しんでる。」
この日も元気いっぱいなお子さんたちが、あっちにこっちに走ったり、おもちゃを見せてくれたり、とっても楽しそう!
 

△柱にはお子さんの成長が印されていました。

 
では、雨も落ち着いてきたので、外のGOOD-TIME PLACEをご紹介!
 

△キッチンと玄関の動線は直線なので、行き来がスムーズ。

 

△左が昨日完成したばかりのGOOD-TIME PLACE。

 
「土間のおかげで、ここでいろんなコミュニティを愉しんでいる。
近くに住む両親や妹家族、子どもの友達、ご近所さんに。
だけど、もっと良い空間にできないかって思うようになった。
そうしているうちに、GOOD-TIME PLACEを見学会で体感したり、HPで見るようになって こういう空間が良いな って思ったのが始まりだった。」
 

△ロール式の屋根で空間づくりも自由自在。

 

△ご用意したのは森ウインナーさんのハムにチキンにウインナー!

 
くつろいでいただくために、イトコー営業チーム特製のベリーティーもご用意しました。
雨も上がって、最後はみなさんでゆっくりしながら、今日の感想を共有したり、GOOD-TIME PLACEを愉しむ場面がありました。
 

△お兄ちゃんがいない隙に背伸びして、もぐもぐ。

 
「実際に住んでいる様子を見学できて、I様からお話を聞けたことがとても参考になった。特に自然素材の手入れの仕方や、毎日の家事のしやすさといった詳しいことを教えてもらえてよかった。
これからの家づくりがまた愉しくなった!」
と嬉しい感想もいただきました。
 
暮らしの疑問や心配ごとを見学会を通してI様にお応えいただきました。
最後には、参加者の皆様はとってもスッキリして満足した様子でした。
I様、暮らしの見学会を開催させていただき、ありがとうございました!

現場のご報告

haccoの家の現場に行ってきました!

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

7月末頃に完成予定の家の上棟に行ってきました。
イトコーでは、お客様の大事な家を雨で濡らさないように、人手をかけて1日で上棟ができるように心がけています。
 

△朝8:00上棟スタート!

 
柱を立て、梁を掛け、と昔ながらの木造軸組み工法で建てていきます。
 

△大工さんたちは、梁の上でもスムーズに作業を進めていきます。

 
上棟を終え、現在は大工工事の真っ只中。
部屋と部屋を分ける間仕切り壁作りや、断熱工事中です。
 

△真ん中から、右が断熱材を施工済み、左が施工前の様子。

 
隙間なく、隅まで断熱材が入っていることが分かります。
また、作業中にもかかわらず、現場はとてもきれいに整理整頓されていました。
 
写真左にある大きな柱、haccoの家の特徴でもある大黒柱です。
 

△180mm×180mmの大黒柱。他の柱より太く、存在感があります。

 
「ドミノ工法」で建てられたhaccoの家はとてもシンプルな構造をしています。
外周の壁で耐力壁を計画し、家の中は壁がいらない一体の空間を創りだすことができるからです。
 
ドミノとは、建築家のル・コルビジェが作った造語で、
「dom=家」と「ino=新しい、革新的な」を合わせた「dominoドミノ」と名づけられました。
 
具体的には、スケルトン(構造)とインフィル(中身)をわけて考えます。
 

△参考:木造ドミノ住宅HPより(http://www.domiken.jp/quality/)

 
このようにスケルトン(構造)とインフィル(中身)を分けて考えることで、暮らしながらライフスタイルにあわせて自分好みに仕上げていくことが可能に。
 
例えば、こんな風に…
 

△お引き渡しから1年、住まい手様宅を訪問。吹き抜けと一体となった開放感のある子供部屋の様子。

 
こちらは2人姉妹のお部屋。
今はまだ小さいので、姉妹一緒に仲良く遊べるように一体の空間を造りました。
でもゆくゆくは、ライフスタイルが変わって個室が必要になるかも。
これから大きくなって、それぞれの部屋が必要になったとき、分けられるように窓
、照明、コンセントの位置などを事前に計画しました。
 

△家族が集まる1階は、どこにいても家族の気配を感じられる一体感のある空間に。!

 
ライフスタイルの変化に対応し、自分達らしく暮らしを創っていく家づくり。
haccoの家には、「家」と「暮らし」を家族で育んでいく、そんな想いが込められています。
 

△現場:1階の様子。

 
現場は、これから仕上げ工事へと進んでいきます。
奥からキッチン、ダイニング、リビングとつながっていきます。
 
完成まで、あと2カ月となりました。
お引き渡し前には、見学会を開催予定です。
「自分たちも家づくりの中で見学会など実際に見させてもらった。
今度は、これから家づくりを検討される方の参考にしていただけたら」
と、お施主様のご厚意で開催させていただくことになりました。
 
これからの住まいを考えられる方へ、ぜひ参考にしていただきたいです!

イベントのご報告

5/26 暮らしの見学会「HOUSE for DIYer(s)を見に行こう!」のご報告

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

最近は、安全・安心・快適な家づくりは、工務店にとっては当然達成すべきことと考えられるようになってきました。
イトコーもその点に関しては、日々研鑽しており、かなり自信があります!
 
でも、イトコーはそれらは「当たり前」のこととして、そこに+αの要素を加えていくことを大切にしています。
 
その1つとして最近、特に力を入れているのが「暮らし方の提案」。
ホームページや見学会のチラシなどで、積極的に展開している半外空間「GOOD-TIME PLACE」の提案もその一環です。
 
そんな考え方の延長で、今回の「暮らしの見学会」は、いつもとちょっと趣向を変えてみました。
 
これまで、「暮らしの見学会」の対象者は、「これから家を建てられる方」としていたのですが、今回は「イトコーで家を建てられた方」にもお声かけさせていただきました。
そして「社員」にも、お客様の暮らしを学ぶ大切な機会にしてもらうため、参加を促しました。
 
 

お客様以上に興奮気味の営業担当・鈴木

 
 

さあ、いよいよスタートです

 
 
今回の参加者さんは、家を検討中の方が数組、そしてイトコーの住まい手さんが4組、イトコー社員が8人と、不思議なバランス^_^
 
そうなるのも当然。今回の見学させていただいたHさまは、人気のDIY情報サイト「DIYer(s)」で公式アンバサダーに任命されているDIYの達人。外観からもセンスとこだわりが感じられます。
 
それでは早速、家の中へ。
 
 

玄関ポーチに置かれたポスト

 
 

北面からの心地よい光が注ぐ階段

 
 

2階から降りる時の光景

 
 

2階のテラスに置かれたガダバウトチェアに早速陣取ってます^_^。子供は直感で心地いい場所がわかるんですね〜

 
 

タープに書かれた方位を示す文字が素敵ですね

 
 
続きまして1階へ。
 
 

手前がリビング、奥はDIYのスペースになっているガレージ

 
 

ご主人の小さな書斎にかけられたコレクションボード

 
 

玄関正面に設けられたトイレ。ペンダントの影が壁に反映して癒されます

 
 

キッチン&ダイニングからの眺め。落ち着きます

 
 

キッチンにかけられた「Bengt Ek Design(ベングト・イーケー・デザイン)」の時計。キッチンタイマーが付いているのが、シャレが効いています

 
 

木の温もりが感じられる無垢板のフローリング

 
 
今回の見学会でも話題にのぼった床のお手入れ方法。Hさまは、入居当初は、年に一度のペースで塗装をしていたそうですが、途中からは、全くしなくなったそうです。よく歩くところは、すれてしまいますが、それもいい味で、かえって愛着を持てるようになりますよ。とおっしゃっていました
 
 

皆さん各々で楽しんでます

 
 

デッキ板の割れの補修。おしゃれですね〜

 
 

ディスプレイと思いきや、ちゃんと使えるアウトドアキッチン

 
 

Hさまによるウェルカムボード

 
 
参加者一同、随所に暮らしのヒントが伺える、とっても充実した時間を味あわせていただきました。
Hさま、素敵な機会を提供していただき、ありがとうございました!
 
 

お客様宅訪問

「あこがれの庵ライフ」を訪ねてきました。

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

皆さまこんにちは。
 
イトコーの取り組みについての最新情報をこれまで以上に発信するために、「広報のブログ」を新設しました。
 
皆さまにイトコーのホットな話題を発信していく場にできればと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
「広報のブログ」の記念すべき第1回目は、イトコーが、”暮らしのプロフェッショナル”であるDWELLさんとタッグを組んで取り組んでいる「GOOD-TIME PLACE」についてのお話です。
 
—–
 
間もなく、イトコーで4つ目のGOOD-TIME PLACEである「あこがれの庵ライフ」が完成します。
 
今回の依頼主は、イトコーで12年前に新築された方。
 
近々近隣で工事が予定されており、完成後は北東に設けたデッキに出辛くなりそうなので、どうしたらいいかと悩んでいた時に、イトコーの完成見学会「山並み、田んぼ、GOOD-TIME PLACE。」のチラシを見て、そこに写っていた半外空間がとても気になり、何年ぶりかにご夫婦で見学会場に足を運ばれたのだそうです。
 
山並み、田んぼ、GOOD-TIME PLACE。
 
見学会場では、たまたま手伝いに来ていたDWELLの川畑さんと話ができ、「この人になら任せられる!」と、トントン拍子でGOOD-TIME PLACEをつくる話がまとまったのだとか。

 

▲ 【施工前】 近隣で工事が予定されており、デッキへの視線が気になる状況になりそうだとのこと

 

▲ 【施工前】 家の中からデッキを見たところ

 

「外からの視線を気にすることなく、家族はもちろん、気の合うお友達を招いて、ゆっくりと過ごせる場所にしたい」・・・・そんなお客様のご要望を受けて、イトコーとDWELLさんから提案させていただいたプランがこちらになります↓↓↓

▲ 【提案させていただいたイラスト】 デッキの外回りに壁と窓を設けることで、外からの視線をシャットアウトしつつ、心地よい光を採り入れ、北面の庭木を絵画のように切り取る・・・・そんなプランになっています

 

そして先日、ほぼ完成したこのGOOD-TIME PLACE「あこがれの庵ライフ」を訪れてきました!

 

▲ 東側の、外からの視線を気にせずに光のみを採りこむ窓から、心地よい明るさが広がります

 

▲ 北側の美しい庭木が風にそよぐ様子に癒されます

 
お茶をいただきながら、この空間をどんな風に使っていきたいかなどの楽しいお話がいっぱいでき、とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
 

▲ 奥様、とても楽しい時間をありがとうございました

 
こちらの「あこがれの庵ライフ」は、これからキッチン周りの壁に棚板を取り付けて工事終了となります。
完成しましたらまたご紹介させていただきたいと思います。