私たちの家づくり

ふつう、家は新築した時が一番キレイで、だんだん古くなっていくものです。
壁紙が汚れたり、はがれたり、床が傷ついたり、外壁が色あせたり、設備が劣化したりと、10年を迎えるころにはリフォームを考える時期になります。

しかし、イトコーの家は、新築時から住むほどに味わいが出てきます。
「床のキズは、かけがえのない家族の歴史」・・・・ そんな風に話してくださる住まい手さんもいます。
家族の生き方がそのまま建物ににじみ出る「家族の履歴書」のような住まいこそ、いつまでも愛し続けることができる住まいである・・・・ 私たちは、そう考えています。

自然とともに、
愉しく健康的に暮らす家

自然とともに愉しく健康的に暮らすために、
最も大切にすべきことは?

自然とともに愉しく健康的に暮らすためには、
まずはじめに、敷地の持つ条件を正確にに読み取ることが大切です。
隣家からの視線をなるべく避けてプライバシーを確保しながら
気持ちのいい自然を窓から取り込むことで、
いつも開放的な気分でおうち時間を楽しめる家になります。

また、より暮らしを楽しむために、
家の外に屋根付きのアウトドアキッチン「GOOD-TIME PLACE」を
設けることもオススメです。

たとえば、家庭菜園で取れた野菜を使って
気の合う仲間たちとワイワイと外での食事をゆっくりと愉しむ・・・・。
そんな暮らしは、住む人の心を愉しく、身体を健康にしてくれると
考えています。

自然素材でつくる、
呼吸する木の家

健康的な暮らしのために、自然素材に包まれた新鮮な空気を取り込める温熱環境を目指しています。

イトコーの家づくりでは家の素材に、

なるべく自然のものを使うことを心がけています。

柱・梁には調湿効果・断熱効果・健康効果に優れた木材を使い、
壁にはモイスなどの調湿性に優れた「呼吸する壁」を使う。

さらにOMソーラーシステムによって常に外気を採り入れながら
室内の温度を調整することで、いつも快適な温度・湿度に保たれた、
新鮮な空気に満たされた室内空間を実現できます。

イトコーは、自然素材に包まれた空間の心地よさを
これからも伝えていきたいと思います。

「つながり」を大切に

私たちが大切にしているのは3つのつながり。
それは「住まい手」「地域」「マイスターズ」の皆様とのつながりです。

イトコーが目指している「健康的で愉しい暮らし」を、
「住まい手」の皆様に安心して過ごしていただくためには、
入居後のお客様と私たちが、気軽に連絡を取り合える
「いとこ同士」のような関係が大切です。

昭和25年の創業以来、「地域」の皆様に支えていただいたからこそ、
イトコーの今があります。

そして、一緒に家づくりに関わっていただいている
職人集団「マイスターズ」の皆さんの存在。

これら「住まい手」「地域」「マイスターズ」への感謝の想いを
常に持ち続け、つながりを保つ努力をすることは、
私たちにとって本当に大切なことです。