東三河で人が集う繋がる場
竹島水族館

お客様が愉しめる空間を!小さな水族館の挑戦

 蒲郡市にある「竹島水族館」。
展示種類数が日本一の深海生物、近距離で見ることができる迫力満点の愉快なアシカショーなどが愉しめる施設だ。その他にも、館内の生き物の解説プレートのほとんどを担当飼育員が手書きしており、クスッと笑える言葉の数々にワクワク&愉しい時間を過ごすことができる。このように、さまざまな工夫を随所に凝らしていることで、”面白い水族館” として話題に。
県内外から多くのファンが訪れ、年間47万人以上の来館者を達成し、平日でも大賑わいの水族館に成長した。
 
「15年ほど前は、お客様がほとんどいない水族館でした。小さな施設なので、どうやったら皆さんに愉しんでもらえるのかと、連日飼育員たちで試行錯誤。お客様と直接会話をして魚の特徴をお話ししながらコミュニケーションをとったり、なんでも深海魚を食べ続ける飼育員など、魚ではなく人にフォーカスをしたりと、竹島水族館らしい視点から魚の魅力を伝えています」と館長が話してくれた。地方の小さな水族館だからこそできる、さまざまな知恵と工夫。”常にお客様目線” に立って、魚のありとあらゆる面白さを発信し続けている。

竹島水族館 館長 小林 龍二さん

小林 龍二さん

2015年に館長就任。「お客様の愉しむ顔を見たい!」といろんな工夫を凝らす名物館長。アシカショートレーナーも兼任。

ワクワク!面白い!“たけすい”の魅力を知ろう

常時約500種類、約4,500匹の生き物を展示公開する「竹島水族館」(通称:たけすい)
外観は少し古さを感じるが、中はアッと驚く仕掛けがいっぱい!
アットホームな雰囲気の中で、生き物たちを体感できる
 

竹島水族館

蒲郡市竹島町1-6
0533-68-2059
入館料:大人500円、小中学生200円
営業時間: 9:00〜17:00(チケット購入、入館は16:30まで)  毎週火曜休館(祝日の場合は翌日休)
 
竹島水族館 ホームページ
 
※ この記事は、2020年取材当時のものです。