東三河の新たな取り組み<br>道の駅したら

東三河の新たな取り組み
道の駅したら

道の駅したら開駅 2021年(令和3年)5月13日

「買う×食べる×見る×学ぶ」 道の駅したら誕生!

廃線「豊橋鉄道田口線」の木製車両

 豊川・矢作川・天竜川の水源地にある、自然豊かで四季折々の風景が楽しめる設楽町に2021年5月にオープンした「道の駅したら」。奥三河の美味しいグルメが味わえる「清嶺食堂」、特産物などが並ぶ「清嶺市場」、日本酒づくりが体験できる「ほうらいせん酒らぼ」の他、隣接する「奥三河郷土館」では、設楽町の自然や歴史、暮らしなどを伝える資料の展示をしている。屋外には、50年前に廃線となった「豊橋鉄道田口線」の木製車両を体感できる。館内全体木の香りに包まれており、設楽町の地元木材をふんだんに使ったテーブルや椅子、ランプシェードなど、細かな箇所にも設楽町の良さが詰まっている。
 

 「道の駅したらは、設楽町の魅力を存分に感じることができる施設です。小さなお子様連れでも安心して来ていただけるようにキッズルームを作ったり、ツーリングにこられたバイカーには専用駐車場も用意しています。今までにない人の流れをつくることができたらと思います」。と話してくれた。

 

ドライブがてら気軽に立ち寄ることができる道の駅。食べて、買って、見て、学びが深まる道の駅したらに今後も注目したい。

美味しい! 愉しい! 設楽町の魅力を知ろう

依田佳久さん

設楽町役場産業課商工観光担当 依田 佳久さん

設楽町の観光企画や運営、道の駅したらの施設全体の管理を行なう

道の駅したら

北設楽郡設楽町清崎字中田17-7
0536-63-0120
9:00〜17:00(各テナント・施設により異なる)
施設の定休はWEBにて
 
道の駅したら ホームページ
 
※ この記事は、2021年取材当時のものです。

三代目のブログ