7/27(土)、28(日)完成見学会「かしこく暮らす、木の箱。~Smart Box~」【報告】

▲写真はイメージです

 

〜Smart Boxに、かしこく暮らす。〜

「先行きの不安な時代、家にお金をかけ過ぎたくない。でも、家の性能や暮らしの楽しみは妥協したくない」

いま、多くの人が感じていることではないでしょうか。

これからの家づくりに必要なことは何か・・・・?

 

  • ●断熱性や耐震性など、ゆずれない性能はしっかりと 確保された「安心・安全な家」。
  • ●つくり込み過ぎない、「シンプルな木の箱」。(家づくりに無駄なコストをなるべくかけない)
  • ●子どもの成長やその時々の必要にあわせて、間取りや 空間の使い方を変えられる「可変性のある家」。

 

これらの条件を満たす、小さくても暮らしを存分に愉しめる木の家。
「賢く、楽しく暮らすためのシンプルな箱がつくりたい」という想いを込め、「Smart Box」と名付けました。
ぜひ、現地でご覧になってみてください。

 

 

〜Smart Boxという、考え方。〜

1.家と暮らしを愉しむ

お母さんが笑顔の家は、家族も笑顔になる

 

あこがれの庵ライフ

外に遊びに行くより、家で過ごす方が愉しい!本気でそう思える家であれば、お金をそれほど遣わずとも豊かな暮らしを送れるのはないでしょうか。
家の中に自分の好きなことを思い切り愉しめるお気に入りの空間があって、毎日をそこで過ごす嬉しさで満たされている。
私たちは、そんな家をつくりたいと思います。そのために必要なのは、自分たちの将来の理想のライフスタイルを思い描き、そこから逆算してマジメに家づくりを計画していくこと。「自然とともに、愉しく健康的に暮らす家」にこだわって家をつくり続けてきたイトコーだからこそ、つくれる家と暮らしがある!そう考えています。 

写真の家「奥様が笑顔になる家」について

 

写真の家「あこがれの庵ライフ」について

 

 

2.DIYを愉しむ

キッチンの棚をDIYでつくったHさんの家

Smart Boxは、「スケルトン&インフィル」という、スケルトン(構造)とインフィル(内装)が分離された構造になっているため、子どもの成長や暮らしの必要に合わせて仕切りや設備を変えていきやすい家です。
構造材に木がふんだんに使われていることもあって、これまでDIYはやったことがないという人でも、チャレンジしがいのある建物だといえるでしょう。
実際、イトコーの家を建ててからDIYにハマってしまう人は珍しくありません。
暮らしに必要なものを愉しみながら自らつくる・・・・、そんなクリエイティブな喜びを後押ししてくれる家なのです。 

この写真の家「House for DIYers」を見る

 

 

3.GOOD-TIME PLACEを愉しむ

外に屋根付きのキッチンをつくれば皆で愉しめる

「GOOD-TIME PLACE」とは、屋外に屋根付きのアウトドアキッチンを設けることで、気軽に家族や仲間が集えるようにした「半外空間」につけた呼び名です。
新築の際、ウッドデッキなどをつくっても、日差しが直撃して暑いので全然使わなくなった、最初はバーベキューなどをやったけど、次第にやらなくなった、というようなことがよくあります。少し予算を多めにかけたとしても、屋根付きの「使える外キッチン」をつくって末長く家で愉しむことができれば、結果的に、外でお金を使うことが減るかもしれません。 

GOOD-TIME PLACEから生まれる「コミュニティ」

 

 

4.家庭菜園を愉しむ

立ったまま作業できる、コンテナ型の家庭菜園

アウトドアキッチンの近くに、家庭菜園を設ければ、採れた野菜を皆で食べる楽しみも広がります。
休日は家族で家庭菜園のお世話をした後に、採れた野菜を使ってアウトドアキッチンで料理をして、団欒を楽しむ・・・・そんな「健康的で愉しい暮らし」を広げていくことがイトコーの願いです。
野菜を家で育てて、とれたてを皆で愉しみながら食べる。そんな体験は、子どもたちにとっても最高の「食育」になるに違いありません。 

写真の家庭菜園「コンテナファーム」について

 

 

<完成見学会「かしこく暮らす、木の箱。~Smart Box~」>
【日時】7/27(土)、28(日) 10:00~17:00
【場所】豊橋市前畑町

 

見学会場の様子はFacebookをご覧ください。

 

 

—————————————-
こちらの見学会は終了しました。
見学会のご報告はFacebookをご覧ください。