イベントのご報告

8/4 暮らしの見学会「こだわりのアイランドキッチンのある家」を見に行こう!ご報告

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

 
暑い日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
ご案内していただくI様のお住まいの敷地は広く、そして自然豊かなロケーションが特徴。
近くには植物だけでなく、虫やカエル・イモリなど生き物もたくさん。
玄関には3段に積まれた虫かごの中にカブトムシが!
 

  • 玄関前にはカブトムシ・メダカと生き物がいっぱい!

  • コドモ工務店で造ったウッドプランターボックス

 
奥様は、
「私が生まれ育った地元では、虫やカエルなんてほとんど見かけなかった。
今は家の周りで子供たちが捕まえて、本で調べて、育てて。
初めて見る生き物が多くて、一緒に勉強してますね」と笑いながらお話してくれました。
 
 

  • 建具1枚でキッチンへといけるスムーズな導線

  • 土間収納は暖簾で目隠し

 
玄関を開けると、右手は土間収納へ、左手はキッチンへ続きます。
帰ってきたらお子さんたちが外で遊んだ道具は土間へ、奥様は買い物袋を最短距離でキッチンへ運べる。
移動距離が少なくなるよう、生活導線を計画したプランが特徴です。
 

ブルーの壁がかわいらしいトイレ

 
土間収納を進むと洗面・トイレへ。
泥んこのお子さんも、帰ってきたらまずは手を洗う習慣づくりにもつながりますね。
 

 

 
反対にキッチンへ進むと、アイアンが特徴のキッチンへと進みます。
 

  •  

  •  

 
見せる収納では、カゴを上手に使って収納しているのも素敵ですね。
こちらは奥様の「こだわり」を詰めて、すべてオリジナルで計画しました。
 

 

 
アイランドキッチンの反対側には天井までの収納があり、かわいらしい食器が飾られていました。
奥様は昔から食器集めを趣味に愉しまれていました。
お気に入りの食器をはじめ、I様の住まいはスッキリと片付いているのがとても印象的。
 

よく使うタオル類は洗面・玄関・リビングのすべてから近い場所に

 
見学中の方からも収納のポイントについて質問がありましたが、I様はどこに・何をしまうのか、具体的にイメージして計画されたそうです。
使う人・使う時・使う目的などで分けて考えられていました。
「収納をどう考えていいのか迷っていたので、とても参考になった!」と嬉しい感想をいただきました。
 

右から2番目が設計担当の小林

 
設計担当の小林は、
「I様は家づくりにとても熱心で、自分たちで調べて勉強されていたことをよく覚えています。
プランに入る前の最初のヒアリングの際、お二人で考えたプランをお持ちいただいて、私がそのプランに自然を活かしたパッシブな要素加えました」
と、当時を振り返ります。
 

I様に住まいのこと・家づくりのことをインタビュー!

 
家づくりの先輩として、これから家づくりをされる参加者の方へアドバイスをお願いします、とお伝えしたところ、
「家づくりの具体的なプランは、奥さんが希望を叶えられるようにサポートした。
わかりやすいのはキッチンだと思いますが、料理をしてくれる奥さんが楽しいのが一番!」だと思ったし、実際奥さんが楽しそうだと子どもたちも嬉しそう。
ぜひ、奥さんをしっかりサポートしてあげてください」とご主人より。
 
また、奥様からは、
「家づくりを始めてから、引っ越してからも、些細なことにも応えてくれる営業担当の鈴木さんのことをとても信頼している。
困ったり、悩んだり、ちょっとしたことでも不安に思うことがあったら、イトコーさんに聞いてみると良いと思います!」
 
住まい手様とイトコーが「引き渡し後もつながる関係」は、I様にとってイトコーへの決め手にもなったそうです。
「住まいのサポートがずっと続くこと、子どもが楽しめるイベントもあり、スタッフさんとの接点を持てるのが安心につながる」
まさに、イトコーのいとこのようなお付き合いを愉しんでいただいています!
 
他にも
「杉の床板やウッドデッキのメンテナンスは大変?」
「OMソーラーのある暮らしは、本当に暖かい?」
などなど、住まい手でないとわからない「イトコーの家」を本音でお話いただきました。
 

  • リビングにある本棚には長女ちゃんお気に入りの本がたくさん

  • 視線がの伸び、広がりを感じられる階段

 

  • 階段下スペースを活用したスタディコーナー

  • キャットウォークからロフトにつながる階段へ

 

  • 緑が見え、まるで森の中に住んでいるような心地良い空間

  • 夏らしい涼し気な飾りつけ

 
I様、素敵な暮らしぶりをご紹介いただきありがとうございました!