2/23(土)・24(日)予約制 完成見学会「イトコーが考えるZERO ENERGY HOUSE」【終了】

・・・・・・・・・・・・・・・・ こちらの見学会は終了しました ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「イトコーが考えるZERO ENERGY HOUSE」
予約制完成見学会を開催します。

 

写真は、イトコーの施工事例になります。

 


(見学会場のスケッチアップ、2月23日午前9:00の太陽の光の入り方をシミュレーションしています)

 

【開催日】2019.2.23(土)~2.24(日)
【時間】 10:00~17:00
【場所】 豊川市
【備考】 見学希望日時を、ご予約下さい、追って地図を送付致します。
 
  
今回の敷地の大きな特徴は、「日照条件が厳しい」こと。
そこで、シュミレーションソフトを活用して、居心地の良いZEH(ゼロエネルギーハウス)を設計しました。
「イトコーが考えるZEH」と題して、見学会でお伝えいたします。
 

 
こちらは、実際にプランのときにお見せしたもの。「スケッチアップ」という日照シュミレーションソフトで今回の現場を再現しました。
黒く塗られた部分は影を表しています。今回の敷地は南側に大きな家が敷地ギリギリに立っていることでその家の影で、日照条件が厳しい敷地でした。
  
重要になってくるのは、敷地に対して建物をどう配置するのか。建物の配置計画がプランを大きく左右します。
 

 
現場調査や、Googlemapを活用し、敷地条件を図面に落とし込み、さらに立体的にしていきます。さらに、夏至・春分/秋分・冬至の日の入り/日の出も書き込み、精度を高めていきます。
特に1番寒い季節を想定し、太陽の動きをシュミレートし、1日を通して一番日が入る場所を特定します。
 
  
 
担当設計士は、限られた日照時間で室内に陽を入れるために、南面に吹抜けをご提案。
そうすることで、リビング奥まで陽が入るよう設計しました。
 

 
こちらは寒さが厳しい2月の様子。手前のダイニングテーブルのあたりまで日が入っているのが分かります。
家の中も細部にわたりリアルに再現し、より日々の暮らしに近いシュミレーションを実施しました。
  
さらに、日照シュミレーションのほか、省エネシュミレーションも実施。
家の材料や間取り、一つ一つ情報を落とし込み、各部屋の温熱環境(寒さ・暑さなど)や年間を通した光熱費をシュミレーションしました。
もちろん、ZEH基準もクリアしています。
 

 
見学会当日は、担当設計士の小林も見学会場をご案内します。
敷地を最大限活かす設計について、ハイテクなシュミレーションについて、詳しく聞きたいという方必見です!
 
ZEH基準だけではわからない「居心地の良い家」の設計。ぜひ、現地でご体感ください。
 
こちらの見学会は終了しております。