イトコーのこと

持続可能な社会に向けて

  • 伊藤博昭
  • 投稿した人

    伊藤博昭

みなさん、こんにちは。
株式会社イトコー伊藤博昭です。
6月ですね、イトコーは6月から新しい期が始まります。
(会社の新年度です)
 

 
5月は期の締めくくりと新しい期の始まりへの準備であり、色々な考える時期でした。
 
その5月でも印象的な1日は当社が事務局を務める「穂の国の森から始まる家づくりの会」。
今年は全国の工務店のリーダー的存在である、ひだまりほーむ鷲見製材の石橋社長にご講演をいただきました。
 
穂の国の森から始まる家づくりの会は、地元の山や木を守る大切さを、「教室の空気はビタミン材運動」や家づくりを通じてお伝えしている団体です。
 
地元の木を大切にしている石橋社長に是非講演をいただき、私たちの原点を再度確認した素晴らしい時間でした。
 
中でも印象的だったのは、地元の山の木を使うことで持続可能な社会への貢献はもちろんのこと、私たち自身が気づいていない、私たち地域工務店の存在自体が持続可能な社会を作っているのだと、強く教えていただきました。
地元の職人と一緒に、地元の材料で、地域のつながりを大切にしたいですね。
 
当社のスタッフの感想も、「ポリシーや考え方に感動した」「理念の大切さを実感した」など多くの感動のメッセージが届きました。
 
少しだけ石橋社長の「言葉集」をご紹介させていただきたいと思います。
 
「家は作らない、心豊かな人生を作る。」
「家は育てる、だから安全、健康、快適」
「社会を変えていくのは、小さな小さな影響力のない、名前も知らない自分たちである。」
 
石橋社長の家や暮らしの考え方、様々なところで共感をしながらも、特に社員教育や職人教育にも力を入れらている、根っこの大切さに共感しました。
 

 
私も「企業理念」を大切にしています。
・子どもたちの未来をつくる
・ライフスタイルの創造でつながる人を幸せにしよう
 
スタッフと一緒にこの理念の実現に向けて、新しい期も邁進してまいります。