イトコーのこと

イトコーが考える働きやすいオフィスとは

  • 伊藤博昭
  • 投稿した人

    伊藤博昭

株式会社イトコー伊藤博昭です。
「殺人的」と評されるほど、本当に暑い毎日が続きますが、みなさまの体調はいかがでしょうか?
イトコーでは現場で作業するスタッフも多く、お互いに「大丈夫?水分補給してる?」と声を掛け合うこと、少しでも体調に変化があれば日陰や涼しいところで休憩することを心がけています。
皆さまも無理はせず、ご自愛下さいね。
 
今日は私たちのお仕事の紹介です。(*住宅だけの工務店という印象が多いそうですが、実はそうではないんです。)
私たちのお仕事は個人の方の家づくり(新築・フォーム)だけにとどまらず、地元の企業様からご相談をいただくことも多いです。
事務所改装や倉庫新築、また保育園などお子さまたちが集まる施設の建設や、場合によっては土地探しからのお手伝いもさせて頂いています。
最近では種苗や栽培システムなど農業資材全般を取り扱う「トヨタネ株式会社様」の事務所の建設に携わらせて頂き、新しい事務所での働き方を新聞でも取りあげて頂きました。
 

 

 

  • トヨタネ様竣工当時の写真

当社の想いは「居心地の良い空間づくり」をモットーにしております。
では、事務所などの「居心地の良い働く場所」とは、どのような場所をイメージしますか?
私は、「この場所が働きやすい」という言葉に相応しいのではないかと思います。
 
例えば、
・書類を読む時も、打ち合わせなどで会話をする時も、明るすぎず暗すぎず
ちょうど良い明るさの空間
・室内の換気がされ、空気がきれいな空間
・スタッフ間のコミュニケーションがとりやすく、挨拶や声掛けがしやすい空間
などなど、私たちは「働きやすい」環境をご提案させていただき、お客様のニーズや環境に合わせた空間づくりを目指しています。
 
新聞記事の中にもありますが、「とても働きやすくなった」と働くスタッフ様からの言葉を聞き、私をはじめ関わったスタッフは仕事の醍醐味・やりがいを感じています。
 
こちらのブログでも何度かご紹介させていただきましたが、イトコーでもスタッフの意見から生まれた「オフィスリノベーション」を今年の3月に終えました。
新しいオフィスが始動して約5ヶ月になりますが、スタッフの「働き方」の変化を感じています。
 

  • リノベーション後のイトコーオフィス

ちょうどこのコロナ禍にも適応できるフリーアドレス制は、同じ空間にいながらもソーシャルディスタンスを確保して作業空間を確保することができました。
また、床・壁に使用した木材や漆喰などの自然素材による「抗ウィルス」効果、OMソーラーによる「換気システム」、エルマクリーンによる「電磁波カット」、と事務所で過ごす時間が長いスタッフが気持ち良く、元気に働ける工夫が良い影響を与えていると感じています。
 
今後も様々な対策の試行錯誤を繰り返し、さらに今以上に健康が増進できる事務所づくりを目指しています。
ご紹介したイトコーオフィスはご見学可能ですので、ご興味ある方は是非お問合せ下さい。
 

  • 築54年の古屋をフルリノベーションして店舗TOCOTOCOをオープン

  • コワーキングスペースとして地域の新しい場所に生まれ変わりました

先代たちが70年間この地域で工務店を営んできた姿から、三代目の私が強く感じる事は「私たちはこの地域に生きている」ということです。
私たちが持っている建築や空間づくりのノウハウを地域の皆様に還元できるよう、ライフスタイルの創造でつながる人を幸せにしていきたいと強く思います。