現場のご報告

ITOKO INNOVATION~オフィスでDIY~

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

完成が近づいて参りました、オフィスリノベーション。
床を貼り、新しい壁を立ち上げたら、いよいよ家具作りです。
 

  • スタッフで力をあわせて家具作りに挑戦!

  •  

今回は老若男女問わず、各チームに分かれて家具作りにチャレンジしました!
もちろん材料は健康にも配慮して、自然素材をふんだんに使ってします(^_^)
 

  •  

  •  

女性スタッフが多い企画チームは、約2mになるカウンター作り!
脚の塗装と、天板のやすり掛けをしました。
 
塗残しのないよう、ムラができないよう、細かい仕上がりになりました。
やすり掛けの途中に素手で表面を確かめながら、作業を進める姿が印象的でした。
女性の細やかな気遣いがきれいな仕上がりにつながっています!
 
さて、反対側では現場監督も多いサポートチームが棚作りに励んでいます。
 

現場のご報告

ITOKO INNOVATION~オフィスリノベーション~

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

昨年末の三代目ブログでもご紹介させていただきましたが、イトコーでは現在事務所をリノベーション工事中です。
三代目のブログはこちらから
 
「リノベーション」と聞くと、イメージするのは内装を新しくしたり、設備を最新に取り換えたり、そういった表面的に新しくなることをイメージされる方も多いのではないでしょうか。
ですが、私たちが考える「リノベーション」は、暮らし方を根本から見直し、一新する目的があります。
特に今回のオフィスリノベーションは、3か年計画で進めてきた一大プロジェクトです!
 
新しい事務所オープンまで、残り1ヶ月を切りました。
工事の進捗とあわせて、ご紹介します!
 
先月末から少しずつ引っ越し作業を進め、現在はそれぞれ仮事務所にて業務を行っています。
 

事務所玄関にてご案内。ご用件のある方はモデルハウスまでお越しください

 
引っ越し作業も結構大変でした…。
まずは、自分が仮事務所に持っていく物・共有に入れる物・捨てるものに分けます。
ここでポイントになるのが、「自分のデスク以外」の場所です。
当然、自分のデスクは自分自身で普段使っているので、選別や新しい場所への移動も自分の判断でできます。
 
一方、共有スペースにあるもの、例えば配布用資料や使う人が何人もいるカタログや参考資料関係は、みんなが使う物になるので、その判断が難しいんですね。
 

事務所受付は引き出しも壁掛けもすべて空にしました

 
そこで、プロジェクトメンバーは事前に共有ロッカーの整備を実施。
具体的には、ロッカー内の移動を行いました。
今までは個人が所有するロッカーでしたが、フリーアドレス後は全員で共有するロッカーになります。それぞれの部署や役割で必要なスペースを洗い出し、新しく割り振りをしました。
 
これで、「あのときの、この資料が欲しい!」と思い立った時、すぐに取り出せます!
今まではまず資料の担当者が誰かを探し、その後保管場所を聞いて…とまるで事件を追う刑事のように社内で「手がかり」を探していました。
社内の仕組みが一つ、改善しました。

現場のご報告

現場からお伝えします!

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

立春を迎え、なんとなく春が近づいてきた感じがします。
イトコースクエア内の木々たちも、春を迎える準備をしています。
先日の社内周辺美化活動では、小さな蕾を見つけました。
 
さて、今日は現場の様子を少しご紹介したいと思います。
来週の見学会に向けて、「バイクガレージとつながる家」では準備中です!
 
先週末、お施主様にご協力いただき見学会用の撮影を行いました。
その時の様子を少しご紹介します!
 

リビングダイニングからつながるバイクガレージ

 
ご主人が熱中する趣味はバイク。
お話を伺うと、ご主人だけでなくご家族で一緒にサーキットへ行ったり、
家族みんなの暮らしの一部になっている愉しみのようです。

現場のご報告

四季と暮らす家 冬の見学会【広報のブログより】

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

昨日までの冷たい風が突き刺さる寒さ厳しい日から一転、あたたかい太陽の日差しに包まれる朝でした。
 
さて、本日は見学会場から現場の様子をお伝えしたいと思います!
朝、見学会の前に営業チームで会場の準備をしているところにお邪魔してきました。
 

朝日が当たる東玄関

 
会場は、前回のブログでご紹介した会場です。
写真は朝9時ごろの様子。
シンボルツリーのオリーブの葉が可愛らしく迎えてくれました。
 

  • 玄関すぐ横に設置された宅配ポスト

  • 南側には一坪菜園スペースがありました

無人で荷物を受け取れる宅配ポスト。
最近では賃貸でも、宅配ポストの設置が増えてきているそうですね。
 
特に共働きでなかなか荷物を受け取れない、という方におすすめです。
こちらの現場では、赤色の外水栓とあわせてコーディネート。
 
南のお庭には、一坪菜園スペースがありました。
菜園を造って行くのはお引越し後、お住まいになってから。
デッキからもほど近いので、毎日の水やりやお世話もスムーズそう。
 

大きな窓から階段奥まで陽が入っています

 
大きな窓と吹き抜けから、階段奥まで陽が入っているのがわかります。
カーテンを開けて、部屋いっぱいに太陽の光と暖かさを取り入れています。
 
ちょっと気になったのが、吹き抜けから下りてくる登り綱、存在感がありますね。
子どもも大人も、家の中で体を動かす愉しい仕掛け(^_^)
 

  • 美味しいコーヒーを飲みながら、ホッと一息

  • ごろん、と寝転がりたくなる和室

ダイニングすぐ横にある造作のステディコーナー。
朝日をめいいっぱい浴びてとっても気持ち良さそう。
 
和室にある小さな窓からは、シンボルツリーのオリーブが見えます。
南のデッキがつながっていて、庭木を身近に感じられるのもポイントです。
 

階段の壁に貼られたホワイトボード

 
家族の思い出やお知らせがここに集まります。
階段を昇り降りするときも目に入って、お子さんの手も届くから嬉しいですね。

現場のご報告

冬だから体感できること

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

おはようございます。
新しい年が明け、イトコーも社員揃って砥鹿神社・諏訪神社へ参拝したのも先週のこと。
毎年恒例行事で、朝の冷たい空気で凛とした雰囲気に包まれる、新年ならではの空気感でした。
 

新年1枚目の記念撮影

 
「ならでは」と言えば、この冬の寒い時期にぜひ体感いただきたいことがあります。
それは「太陽の暖かさ」です。
 
冬の太陽は高度が低いことが特徴です。
1年を通して、家の奥深くまで陽が届く季節でもあります。
 
昔ながらの日本の家では、軒を深く出すことで、
高度が高い夏は日よけを、高度が低い冬は家の中に取り込みパッシブデザインを実現していました。
 
昔ながらの知恵を活かし、「四季と暮らす家」では大きな窓・深い軒を取り入れています。
 

大きな窓と深い軒のバランスも外観のポイント

 
こちらはお施主様のご厚意で
2/1・2(土・日)に完成見学会を開催させていただく現場です。
 
今、現場は完成に向けて外構工事中。
今日は現場から「冬の暖かさ」をお伝えしたいと思います。
 

現場のご報告

haccoの家の現場に行ってきました!

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

7月末頃に完成予定の家の上棟に行ってきました。
イトコーでは、お客様の大事な家を雨で濡らさないように、人手をかけて1日で上棟ができるように心がけています。
 

△朝8:00上棟スタート!

 
柱を立て、梁を掛け、と昔ながらの木造軸組み工法で建てていきます。
 

△大工さんたちは、梁の上でもスムーズに作業を進めていきます。

 
上棟を終え、現在は大工工事の真っ只中。
部屋と部屋を分ける間仕切り壁作りや、断熱工事中です。
 

△真ん中から、右が断熱材を施工済み、左が施工前の様子。

 
隙間なく、隅まで断熱材が入っていることが分かります。
また、作業中にもかかわらず、現場はとてもきれいに整理整頓されていました。
 
写真左にある大きな柱、haccoの家の特徴でもある大黒柱です。
 

△180mm×180mmの大黒柱。他の柱より太く、存在感があります。

 
「ドミノ工法」で建てられたhaccoの家はとてもシンプルな構造をしています。
外周の壁で耐力壁を計画し、家の中は壁がいらない一体の空間を創りだすことができるからです。
 
ドミノとは、建築家のル・コルビジェが作った造語で、
「dom=家」と「ino=新しい、革新的な」を合わせた「dominoドミノ」と名づけられました。
 
具体的には、スケルトン(構造)とインフィル(中身)をわけて考えます。
 

△参考:木造ドミノ住宅HPより(http://www.domiken.jp/quality/)

 
このようにスケルトン(構造)とインフィル(中身)を分けて考えることで、暮らしながらライフスタイルにあわせて自分好みに仕上げていくことが可能に。
 
例えば、こんな風に…
 

△お引き渡しから1年、住まい手様宅を訪問。吹き抜けと一体となった開放感のある子供部屋の様子。

 
こちらは2人姉妹のお部屋。
今はまだ小さいので、姉妹一緒に仲良く遊べるように一体の空間を造りました。
でもゆくゆくは、ライフスタイルが変わって個室が必要になるかも。
これから大きくなって、それぞれの部屋が必要になったとき、分けられるように窓
、照明、コンセントの位置などを事前に計画しました。
 

△家族が集まる1階は、どこにいても家族の気配を感じられる一体感のある空間に。!

 
ライフスタイルの変化に対応し、自分達らしく暮らしを創っていく家づくり。
haccoの家には、「家」と「暮らし」を家族で育んでいく、そんな想いが込められています。
 

△現場:1階の様子。

 
現場は、これから仕上げ工事へと進んでいきます。
奥からキッチン、ダイニング、リビングとつながっていきます。
 
完成まで、あと2カ月となりました。
お引き渡し前には、見学会を開催予定です。
「自分たちも家づくりの中で見学会など実際に見させてもらった。
今度は、これから家づくりを検討される方の参考にしていただけたら」
と、お施主様のご厚意で開催させていただくことになりました。
 
これからの住まいを考えられる方へ、ぜひ参考にしていただきたいです!