イベントのご報告

OMX体感会

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

先週末は、モデルハウスにて予約制のOMX体感会を開催しました。
雨予報でしたが、降りそうで降らないジメジメした1日の中の開催となりました。
 
イトコーのモデルハウスは2010年に完成し、今まで大きな改修工事は全くありませんでした。
今回、太陽の熱を最大限活用するOMソーラーから、さらに進化したOMXを搭載!
そんなOMXの魅力を今回、体感していただきました。
 

OMXの大きな役割としては、暖房・冷房・換気・発電・給湯の5つの役割があり、その中でも梅雨のこの時期に特に驚くのは、換気と冷房です。
 
1日中設定温度を保ちながら、換気をしてくれます。
ただ冷房と言っても、ずっと冷たい風が吹いているわけではありません。
OMXは1日を通して、設定温度に調整してくれるので、温度変化が少ないのも特徴。
 

  • モデルハウス2階の様子です

普通だったら、人の体感「暑い・寒い」でクーラーのスイッチを調整しますよね。
よく聞くのが、クーラーの下にいる方は直接冷たい風が当たるので寒い、クーラーから遠い人は暑いからもっと設定温度を下げたい、という悪循環。
OMXはこのクーラーをつける・切るを全て自動で行い、家全体を管理しているので、先ほどのような場所による体感の違いもなくなります。
 
外気・室温・湿度の面から判断し、部屋の環境を整えてくれるので、省エネルギーで光熱費も削減できます。
 
温度設定などは、壁に取り付けたコントロールパネルで行います。
もう少し室温を下げたいな、上げたいなと思ったらいつでも変更が可能です。
 
ただし、ずっと冷房がついていると言っても、冷たい風がずっと吹き出しているわけではなく、時間によっては止まったり、また動き出したり、そういった細かい動きもしています。
今回の体感会では、外に設置した室外機も見ていただく場面もありました。
実際に室内は涼しいけど、室外機は止まっているということ確認いただくことで、「なるほど」と納得してされる方も。
 

1・2階どこにいても、温度差がなく、体への負担も小さい

 
また、換気については、2つのメリットがあります。
ひとつは湿度。
この時期は窓を開けると湿気が室内に入ってきて、床がジメジメしたり、湿気がなんとなく肌にまとわりついている感じがして、スッキリしないですよね。
OMXでは窓を開けなくても換気ができるので、部屋の中がジメジメする心配もありません。
 
もうひとつはコロナウィルス感染防止として。
定期的な換気が推奨されていますが、そういった面から見ても、安心して過ごしていただけることもOMXの魅力です。
 
今回は特に梅雨の今の時期のOMXの魅力をお伝えしました。
OMXは365日どの季節でも、季節に合わせた動きをしてくれるので、部屋の中はいつでも快適です。
私の印象としては、OMXの動きが控え目で、あまり存在を主張せずに家全体を調整してくれるので、その快適さがOMXのおかげだと分からないくらい、そんなイメージです。
 
まさに縁の下の力持ちのような存在。
週末はイトコーの住まい手さま限定の予約制体感会を予定しています。
気になる方は是非、この機会にお越し下さい。