現場のご報告

冬だから体感できること

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

おはようございます。
新しい年が明け、イトコーも社員揃って砥鹿神社・諏訪神社へ参拝したのも先週のこと。
毎年恒例行事で、朝の冷たい空気で凛とした雰囲気に包まれる、新年ならではの空気感でした。
 

新年1枚目の記念撮影

 
「ならでは」と言えば、この冬の寒い時期にぜひ体感いただきたいことがあります。
それは「太陽の暖かさ」です。
 
冬の太陽は高度が低いことが特徴です。
1年を通して、家の奥深くまで陽が届く季節でもあります。
 
昔ながらの日本の家では、軒を深く出すことで、
高度が高い夏は日よけを、高度が低い冬は家の中に取り込みパッシブデザインを実現していました。
 
昔ながらの知恵を活かし、「四季と暮らす家」では大きな窓・深い軒を取り入れています。
 

大きな窓と深い軒のバランスも外観のポイント

 
こちらはお施主様のご厚意で
2/1・2(土・日)に完成見学会を開催させていただく現場です。
 
今、現場は完成に向けて外構工事中。
今日は現場から「冬の暖かさ」をお伝えしたいと思います。