見学会の家ご紹介

「帰りたくなる家」大きな駐車場の秘密とは…?

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

前回に続き、「帰りたくなる家」をご紹介します!
なんと今回は特別に、奥様に現場でインタビューをさせていただきました。
以下、S様(奥様)へのインタビューをお楽しみください。
 
(村瀬)完成イメージイラストを見るとかなり駐車場が広いですね。どんな想いからこのプランになりましたか?
 

プラン提出時のイメージイラスト

 
(S様)自宅でサロンをオープンする予定で、お客様用の駐車場を設計してもらいました。
今は自宅のアパートで活動していて、「マイホームを建てるときに、サロンをオープンしたい!」というのが夢でした。
 
(村瀬)どんな感じのサロンですか?
 
(S様)私は脱石油100%を約束した化粧品・日用品のアドバイザーとして活動しています。
素肌に優しいものは環境にも優しい。100年後のこども達に今より良い環境を残したい!!
そんな思いから、皆さんに伝えたくて始めました。
 
私自身、素肌に直接使う物の知識がなく、コマーシャルやキャッチコピーから選んで使い、自分の肌トラブルになっていた経験があります。そのため肌の悩みを抱えた方の力になりたい思いが強くあります。
 

  • 奥がサロンスペース

  • 限られたスペースを有効活用するため、あえて仕切りませんでした

 
(村瀬)サロンを始めようと思ったきっかけはありますか?
先ほどご自身の体験から、とありましたね。差し支えなければお話いただければと思います。
 
(S様)15年前の出会いがきっかけでした。
当時、肌トラブルで悩んでいた私を、同じ悩みを克服した知人がサポートしてくれました。
その方からは化粧品・日用品を紹介してもらうだけでなく、「素肌と体に良いもの」を自分で判断できる知識を身につけることを学びました。
 
紹介してもらった化粧品・日用品を使っていくと体調が良くなっていきました。
はじめは自分自身のために使っていましたが、そうやって良くなっていくと、「こんなに良いものなんだから、家族にも使ってほしい!」と思うように。
同じ悩みを抱える友人にも薦めてみると、「良かったよ。他との違いがよくわかった」と感想をもらえて、やっぱり良いものだよね、とより信頼が増しました。
と同時に、「私みたいな悩みを抱える人も、そうでない人も、良い情報と出会えることが大切なんだ」と実感しました。
 

15年前に出会ったのが、脱石油100%を約束している商品。今ではお子さんたちにも愛用中

 
今も勉強中ですが、特にトラブルがある時って心配で不安でたくさん調べていました。
もともとアトピー体質だったんですが、「なんで自分なんだろう?他の人と何が違うのかな?原因はなんだろう?」と特に衣食住について勉強していましたね。
勉強していくうちに、「本当のことはちゃんと調べないとわからない」ということがわかってきました。勘違いしていることっていっぱいあるんだな、と。
 
そうやって知識が増えて自分にとって良いものを選べるようになると、だんだんと「環境」のことを考えるようになりました。
環境というとかなりざっくりした感じですが、「買う責任」というイメージですね。
 

「環境のことって、遠いようで実は身近なことにつながっているんですよね」とお話してくださいました

 
同じ体を洗う石けんでも使った後、川に流れ、海に戻り、海の生態系に影響を与え、山・森に雨として戻り…、とそんな風に自分が使ったものが環境に影響することを考えるようになりました。
「使えればなんでも良い」なんて考えずに、健康のこと、環境のことも考えた「賢い選択」ができるように日々勉強しています。
 
自分の体験があるからこそ、
「いつかは自分のサロンをオープンして、もっと多くの方にお伝えしたい!」
と思うようになりました。
 

階段奥がサロンスペース。玄関から入ったときに、左右でサロン・プライベートスペースと分かれています

 
ありがたいことに主人もすごく協力的で、私のこの活動を見守ってくれています。
「そろそろ家を建てたいね」と夫婦で相談し始めたときも、私のサロンの夢を後押ししてくれました。
 
(村瀬)サロンと聞くと、エステや美容院みたいに特別なサービスを受けられるというイメージがありますが、そのようなイメージでしょうか?
 
(S様)化粧品や生活用品(シャンプーや歯磨き剤など)を取り扱っているので、「買う前に試したい」という方に向けて、鏡や洗面も設置してお試しできるように準備しています。
 
お客様の肌や体質、なりたい肌などをお聞きしながら製品の使い方や使用量などをアドバイスさせて頂いてます。
お客様から困っている事や使いにくさを相談される事もあります。
製品の使い方で肌や体質が良くなり、理想の肌になる結果やそのスピードに差が出る事を経験済みの私は、お客様に満足頂けるよう定期的なアフターフォローを行っています。
 

北側に位置するサロンスペースは、程よく光が入る優しい空間

 
でも、イメージとしては、「お友達の家におしゃべりに来た」という方が近いかも。
気軽に遊びに来ていただきたいなって思っています。
 
生まれ育った実家が田舎なせいか、昔から実家ではほぼ毎日ご近所さんや家族の友人の出入りがありました。
だから家に人を招くことが当たり前で、そのこと自体を楽しんでいましたね。
 
今のアパートでも、お客様にお越しいただいたときにお茶会みたいにゆっくりお話することも多くて。
昔から人を迎えることが身近で、お話するのも好きなので、新しいサロンでも気軽に皆さんに来ていただきたいなって思っています。
 
実は新しい家では、サロン以外にも「人が集まる」ことを計画した場所があります。
みんなで一緒にお料理がしたい!とキッチン作業台を普通より大きく設計してもらいました。
ぐるっと囲ってみんなでおしゃべりしながら一緒に料理ができたら楽しそうだなぁって。
この間も、みんなで甘夏シロップづくりをして、すごく楽しかったです!そういうことを自宅でやることが、今からすごく愉しみです。

キッチン作業台はオリジナルで設計。幅1800mmと大きいのは「大人数で愉しみたい」から

取り扱っている商品は化粧品がメインですが、アロマを含め家族全員が毎日直接肌に使うものはほとんどあります。
2人の子どもをもつ母としても、衣食住だけでなく教育についても関心があります。
だから、アドバイザーとして、女性として、母として、いろんな方に出会ってたくさん勉強していきたいと思っています。
 
(村瀬)S様のお話から新しいサロンは、どこか懐かしいような、安心できる心地良い空間を思い浮かべました。
では最後に、イトコーで建てようと思われた理由を教えてください。
 
(S様)家づくりをしようと思ったとき、すでにイトコーにお願いしたいと決めていました。
たくさん理由はあるんですが、一番は「空気が循環する家づくり」に魅力を感じたことです。
 
家の中にある家具や物、家の材料から出る化学物質が原因で部屋の空気が汚れ、よどみ、さらにそれが原因で病気になるという話を耳にしました。
特に空気は子どもたちの目線の高さが一番汚れていると言われています。
 
イトコーの完成見学会や住まい手さんの家を見学する暮らしの見学会で見させていただいたどの家も心地良く、嫌な感じがまったくなかった。
「空気質」にこだわった家づくりは、健康に暮らしたいという私の想いに合っていましたね。
 
さかのぼると、イトコーとの出会いは家づくりを始めるもっと前で、エコショップの暮らし方教室への参加でした。
マクロビ教室など、衣食住に関わる教室に参加しました。
もちろんその当時もイトコーが家づくりをしているって知っていましたが、しつこい勧誘も全然ないから、気軽な気持ちで楽しく教室に参加していましたね。
 

  • モデルハウスで開催した「手作りのキムチづくり」に参加

  • 自然を活かした家づくりを勉強するため、OMソーラーのふるさと「地球のたまご」へ行ったことも

 
次回「地球のたまごに行ってみよう!」は8/25(日)に開催!詳しくはこちら。
 
自分の体験や、自分自身たくさん勉強することで、「マイホームを建てるなら、健康的な家がいい」とずっと思っていました。
教室に参加したりイトコーマーケットに来るうちに、イトコーの「健康的で愉しい暮らし」に触れるようになって、「家を建てるならイトコーがいい」と必然的に思うようになりました。
 
土地選びを始めたときも、担当営業の清水さんに相談しながら、
・サロンをつくりたい
・お客様も停める広い駐車場
・のんびりした田舎暮らし
というように、私たちの希望をお伝えしながら一緒になって土地を探してもらえたのでとても心強かったです。
 
(村瀬)エコショップを通じてイトコーの家づくりを体感し、共感してくださったんですね。
とても嬉しいです!
 
S様のお話を聞いて、このサロンではたくさんの情報交換がされ、愉しいイベント(一緒に料理をしたり)ごとがあり、1つのコミュニティになっていくイメージが浮かびました。
「村瀬さんも何か困ったことや調べてほしいことがあったら言ってくださいね。
私の勉強にもなるし、何よりお役に立てることがあるなら嬉しい」と言ってくださいました。
S様の優しくて温かいお人柄がとても良く伝わってきました。
 
サロンのオープンと、今後の活動がとっても愉しみです!
S様、インタビューにご協力いただきありがとうございました。
 
さて、次回はGOOT-TIME-PLACEの愉しみ方をご紹介したいと思います。
「駐車場の後ろではそんなことが…!?」と驚いたのが、初めてイラストを見たときの私の感想でした。
 

駐車スペースの上がGOOD-TIME PLACEとなります

只今現場は、駐車スペースとGOOD-TIME PLACEの間の壁を作っています。よく見ると、s様ご家族が手を振ってくださっています^_^
 
お楽しみに!

見学会の家ご紹介

9/14 (土)・15(日)完成見学会を開催する「帰りたくなる家」、完成間近!

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

9/14 (土)・15(日)に完成見学会を開催予定の、「GOOD-TIME PLACE」を備えた変形地に建つ住まい「帰りたくなる家」が完成間近!
 
「GOOD-TIME PLACE」について
 
とっても素敵なお住まいなので、完成見学会に向けて数回に分けて詳しくリポートさせていただくことにしました!
 
「帰りたくなる家」は、「暮らしのプロフェッショナル」であるDWELL・川畑健一郎さんとのコラボレーションで行う家づくり「イトコー×DWELL」の第7弾となるプロジェクト。
 
DWELLホームページ
 
「イトコー×DWELL」これまでの建築実例
 
今回もDWELLさんの協力のもと、ステキなGOOD-TIME PLACEが誕生します。
下の完成イメージイラストだけでもワクワク感が伝わってきませんか?
 

 

 
よく見るとイラストの中にテントが見えます。
そう、施主のS様は「キャンプ大好き!」なご家族なのです。
 
私たちは、「おうちキャンプ」は、事前の計画さえきちんと行うことが出来たら、キャンプ場より快適に過ごせる空間になる!と考えています。
 
その「証拠」(?)になるのが、下のDWELL・川畑健一郎さんのご自宅の写真。
 

上空から見たところ。左がご自宅

 
 

ドーム型テントの手前には「コンテナファーム」が見えます

 
「コンテナファーム」について
 

右に見えるのはファイヤーピット(焚き火台)

 

庭で焚き火を楽しんでもいいし・・・・

 

GOOD-TIME PLACEに移動して・・・・

 

・・・・こんなふうに、GOOD-TIME PLACEでゆったりと食事と会話を楽しむのもいいですね

 
 
どうでしょうか?
こんな素敵な空間が自宅にあったら、楽しい「おうちキャンプ」ができそうだと思いませんか?
 
なお、川畑さんの家では、テントはお客様のためのゲストルームとして使用しているそうです。
 

テントをゲストルームとして使用

 
 
こうすると盛り上がった次の日の朝も、お互いが気を使わずにそれぞれのペースで寝起きできて、とてもいいのだとか。
 
次回は、完成イメージイラストにも描いてある「大きな駐車場」がある「理由」をご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!!

イベントのご報告

8/4 暮らしの見学会「こだわりのアイランドキッチンのある家」を見に行こう!ご報告

  • イトコー広報
  • 投稿した人

    イトコー広報

 
暑い日が続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
ご案内していただくI様のお住まいの敷地は広く、そして自然豊かなロケーションが特徴。
近くには植物だけでなく、虫やカエル・イモリなど生き物もたくさん。
玄関には3段に積まれた虫かごの中にカブトムシが!
 

  • 玄関前にはカブトムシ・メダカと生き物がいっぱい!

  • コドモ工務店で造ったウッドプランターボックス

 
奥様は、
「私が生まれ育った地元では、虫やカエルなんてほとんど見かけなかった。
今は家の周りで子供たちが捕まえて、本で調べて、育てて。
初めて見る生き物が多くて、一緒に勉強してますね」と笑いながらお話してくれました。
 
 

  • 建具1枚でキッチンへといけるスムーズな導線

  • 土間収納は暖簾で目隠し

 
玄関を開けると、右手は土間収納へ、左手はキッチンへ続きます。
帰ってきたらお子さんたちが外で遊んだ道具は土間へ、奥様は買い物袋を最短距離でキッチンへ運べる。
移動距離が少なくなるよう、生活導線を計画したプランが特徴です。
 

ブルーの壁がかわいらしいトイレ

 
土間収納を進むと洗面・トイレへ。
泥んこのお子さんも、帰ってきたらまずは手を洗う習慣づくりにもつながりますね。
 

 

 
反対にキッチンへ進むと、アイアンが特徴のキッチンへと進みます。
 

  •  

  •  

 
見せる収納では、カゴを上手に使って収納しているのも素敵ですね。
こちらは奥様の「こだわり」を詰めて、すべてオリジナルで計画しました。
 

 

 
アイランドキッチンの反対側には天井までの収納があり、かわいらしい食器が飾られていました。
奥様は昔から食器集めを趣味に愉しまれていました。
お気に入りの食器をはじめ、I様の住まいはスッキリと片付いているのがとても印象的。
 

よく使うタオル類は洗面・玄関・リビングのすべてから近い場所に

 
見学中の方からも収納のポイントについて質問がありましたが、I様はどこに・何をしまうのか、具体的にイメージして計画されたそうです。
使う人・使う時・使う目的などで分けて考えられていました。
「収納をどう考えていいのか迷っていたので、とても参考になった!」と嬉しい感想をいただきました。
 

右から2番目が設計担当の小林

 
設計担当の小林は、
「I様は家づくりにとても熱心で、自分たちで調べて勉強されていたことをよく覚えています。
プランに入る前の最初のヒアリングの際、お二人で考えたプランをお持ちいただいて、私がそのプランに自然を活かしたパッシブな要素加えました」
と、当時を振り返ります。
 

I様に住まいのこと・家づくりのことをインタビュー!

 
家づくりの先輩として、これから家づくりをされる参加者の方へアドバイスをお願いします、とお伝えしたところ、
「家づくりの具体的なプランは、奥さんが希望を叶えられるようにサポートした。
わかりやすいのはキッチンだと思いますが、料理をしてくれる奥さんが楽しいのが一番!」だと思ったし、実際奥さんが楽しそうだと子どもたちも嬉しそう。
ぜひ、奥さんをしっかりサポートしてあげてください」とご主人より。
 
また、奥様からは、
「家づくりを始めてから、引っ越してからも、些細なことにも応えてくれる営業担当の鈴木さんのことをとても信頼している。
困ったり、悩んだり、ちょっとしたことでも不安に思うことがあったら、イトコーさんに聞いてみると良いと思います!」
 
住まい手様とイトコーが「引き渡し後もつながる関係」は、I様にとってイトコーへの決め手にもなったそうです。
「住まいのサポートがずっと続くこと、子どもが楽しめるイベントもあり、スタッフさんとの接点を持てるのが安心につながる」
まさに、イトコーのいとこのようなお付き合いを愉しんでいただいています!
 
他にも
「杉の床板やウッドデッキのメンテナンスは大変?」
「OMソーラーのある暮らしは、本当に暖かい?」
などなど、住まい手でないとわからない「イトコーの家」を本音でお話いただきました。
 

  • リビングにある本棚には長女ちゃんお気に入りの本がたくさん

  • 視線がの伸び、広がりを感じられる階段

 

  • 階段下スペースを活用したスタディコーナー

  • キャットウォークからロフトにつながる階段へ

 

  • 緑が見え、まるで森の中に住んでいるような心地良い空間

  • 夏らしい涼し気な飾りつけ

 
I様、素敵な暮らしぶりをご紹介いただきありがとうございました!