オリジナル家具による居心地のよい暮らしのご提案

居心地の良い暮らしを考えていく中で生まれてきた、「こんな家具があったらいいのに・・・・」という想い。
そんな想いをカタチにしたイトコーオリジナル家具のご紹介です。

 


 

Piloti table & 藍染刺し子張りの椅子

イトコーモデルハウスの「Piloti table」と「藍染刺し子張りの椅子」

 

<Piloti table> 天板:ナラ 脚:スチール (※サイズは自由に制作可能)

<藍染刺し子張りの椅子> ウォルナット/ W477mm×D500mm×H680mm・SH420mm

 

Piloti table

重厚なナラの天板を強固なスチール製の足2本だけで支える単純構造。
シンプルでありながらピロティ(※2階以上を部屋とし1階を吹き放ちにした建物の1階部分のこと)を人が自由に行き交うように、場所を選ばず自由に座れて、またスツールや長ベンチなどを多用すれば大人数にも対応できます。
ナラ材は使い込むほどにいい風合いなります。
家と同様に、長い時間をかけて育てていくつもりで使っていただけたらと思います。

藍染刺し子張りの椅子

「Piloti table」に合う椅子を探し続けてやっと巡り会えた、デザインといい、座り心地といい、軽さといい、理想的な椅子です。
福岡の家具の街・大川で、熟練の職人さんにより細部まで丁寧に仕上げられています。
この椅子に、無理を言って座面だけ「藍染の刺し子」を張っていただいています。
刺し子は柔道着にも使われるほど丈夫な生地で、摩擦で痛みやすい座面にふさわしい生地だと考えています。
しかも藍染してありますので、経年による変化も楽しめて、座るごとによりいっそう愛着が深まっていく椅子になると思います。

 


 

Domestic circle table

 

ウォルナット/ φ1,300mm×H665mm

/ φ1,200mm×H665mm

ホワイトアッシュ/ φ1,300mm×H665mm

/ φ1,200mm×H665mm

 

テーブルの脚の位置を意識せず自由に、スペースが許す限り何人でも座ることができるように、一般的な4本脚ではなく、格子状の脚を中央に配置した丸型のダイニングテーブルです。
中央の脚は、スチール性の丸棒を放射状に溶接することで強度を保ちつつ軽量化を実現。格子状なので足元が明るくスッキリすることも特長です。部屋の中央に置いた時にも存在感を感じ過ぎない暮らしに馴染みやすいデザインを目指しました。
なお一般のダイニングテーブルの高さは、700~720mmのものが多いのですが、こちらのダイニングテーブルの高さは665mm にしています。高さを抑えることで圧迫感が和らぎ、座った時に空間の広がりを感じやすくなります。
畳での生活の長かった日本人にとっては、なるべく低い視点で一家団欒のひと時を過すことが、より心安らぐ時間に繋がるのではないでしょうか。
※天板は自然塗料のビボスで仕上げてあります。メンテナンスの際には同じ塗料をご使用ください。

 


 

Picnic table

 

木部:レッドシダー 脚:スチール W1,500mm×D1,400mm×H700mm

 

野外に出したままで、いつでも使えるテーブルとベンチが一体型になった「ピクニックテーブル」。
地面に直接置いても痛みにくいように、脚はスチール製になっています。
スチールは真夏の炎天下での使用が心配でしたが、日陰での使用であれば問題なさそうです。それ以上に磁石がくっつくのが嬉しいポイントです。
調理器具を下げたり、ゴミ袋をつけてみたりとアイデア次第でかなり便利に使えます。
木材部分にはウッドデッキにもよく使われているレッドシダーを使用していますので定期的に簡単なメンテナンスをしていただければ長い間ご使用になれます。
なお上の写真は、天板の中央に、カトラリー類を収納したり、七輪を置いて料理を楽しんだりできるように加工を施したタイプとなります。

 


 

Hanging flame

オーダー商品(※壁面から最長1,900mmの位置まで可能です)

 

ダイニングテーブルを吹き抜けの下や天井が高いところに置く場合に悩むのが照明計画です。
テーブルの中央の真上の天井からぶら下げるとなると、どうしてもコード部分が長くなってしまい、見た目があまり良くない・・・、ちょっとした風でも大きく揺れてしまうので不安がある・・・、そんな場合は、こちらのハンギングフレームのご使用をオススメしています。
長さが自由にオーダーできますので、ご希望の場所にテーブルを置くことができます。

 


 

Day bed

 

  • スタンダードモデル

  • 別注モデル(裏面)

 

スタンダードモデル/ 1,850mm×650mm×350mm

別注モデル/ 詳細はお問い合わせください。

 

デイベッドはそれほど一般的な家具ではないかもしれませんが、リビングにあるととっても重宝します。
お客様の大切な荷物を載せたり、ソファーとして使ったり、ちょっと仮眠を取りたい時に横になったりと、意外と使う場面が多い家具です。
多様な使用目的にも耐えられるようにクッションカバーには、柔道着と同じ素材の刺し子生地(綿100%)と、厚手
の本革の2種類をご用意しました。
クッションの下には、沈むような寝心地を求めて、最近ではあまり見かけなくったウェーブスプリングを使用しています。
フレームはイギリス製のパイプ継手「キークランプ」とパイプのみで組み上げました。スタンダードタイプのフレーム色
はシルバーとなります。
別注モデルとして、鹿児島のRHYTHMOSの飯伏正一郎さんに接続部のキークランプを革で巻き込んでいただき、パイプの色を黒にしたモデルもあります。こちらは経年による色・質感の変化が楽しめる商品になっています。

 


 

イトコーオリジナル家具に興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら