もりウインナー

森 浩太郎さん
2016年に豊橋市の向山フォレスタ内にオープン。店主手作りの本場ドイツのソーセージやハム、ベーコンなど、30種類以上がラインナップ。

一口頬張ったら誰もが笑顔に
地元食材を使った燻製メニュー

 ガラス張りの扉を開けると、ソーセージやハムなど、たくさんの種類の燻製料理がショーケースに並ぶ。これらのメニューはすべて、店主の森さんが手作りしている。もともと銀行に勤めていた森さんだったが、ソーセージの魅力に惚れて、神奈川県の老舗肉屋に5年ほど修行し、独立。「東三河を盛り上げたい」と、ドイツで親しまれているソーセージはもちろん、〟食材の宝庫〝でもある東三河の食材を融合したメニューも考案した。自分用と合わせて、手土産やプレゼントなどに贈るお客様も多く、ギフト用も好評!料理のベースとして、お酒のお供やメインとして。一口食べただけで、口の中に幸せが広がる「もりウインナー」のメニューたちは、贅沢な食の時間を演出してくれる。

 

もりウインナー

豊橋市向山町塚南14-4 向山フォレスタDUE 1F
0532-35-6676
11:00〜19:00(土・祝10:00〜19:00、日10:00〜18:00) 毎週水曜定休
もりウインナー
 
※ この記事は、2018年取材当時のものです。