米のだや

地域密着スタイルで
お米を身近に感じられる
暮らし・健康をテーマにしたお店

全国各地から厳選したお米がずらりと並ぶ店内。
玄米計売りも行っており、こちらも好評だそう

 

 

私たちの生活に無くてはならない「食」。その中でも日本人に必要な物として挙げられるのが「お米」だ。
株式会社のだやさんでは、お米の販売と共に計り売りや健康のための食材を提案している。
豊川市には3店舗の直営店があり、平日でも朝から賑わいを見せるほど活気に溢れているお店だ。
お米の鑑定士としても活動をしている、代表取締役の野田さん。今年は新たなお米を発売しようと計画しているそう。
 「全国的にも珍しい品種のお米が、この地元で採れました。そこで、そのお米を拡大させて新たな地域のお米ブランドとして”女神のほほえみ“という名前で展開していこうと考えています」。甘みと粘り気のある大粒のお米は、この地元で採れたものとして新聞にも取り上げられるほど話題に。
違った目線からもこのお米をPRできないかと考えた末、NPO法人穂の国プロジェクトとタッグを組むことに。若者・地域・世代交流。全ての想いを込めた「女神のほほえみ」にも今後期待したい。

 

 

 

 

N P O 法人穂の国プロジェクトのメンバーと今後の取り組みについて真剣に話し合う野田社長

 

 

株式会社のだや 代表取締役 野田博司さん

野田博司さん

株式会社のだや。
米・食味鑑定士と水田環境鑑定士の資格を取得。お米に関するあらゆることをマスターすると共に、地域密着型の「お米屋」さんとしても認知度が高い。

株式会社のだや

住所 豊川市八幡町西赤土61-10
電話:0533-87-41111

 

株式会社 のだや

 

※ この記事は、2015年3月発行時のものです。