東三河の暮らしを知る「川と東三河」

自然豊かな東三河で暮らす

左 [ 副会長 ]斎藤 隆典さん 段戸山三河炭やき塾代表
中 [ 会 長 ] 鈴木 美仁さん 株式会社G・ファーム代表取締役
右 [ プロデューサー ] 清水 貴裕さん 株式会社都デザイン代表取締役

東三河の発展の基礎、豊川用水50周年

 日本屈指の農業王国、東三河。農業王国へと成長した一因となったのが「豊川用水」だ。奥三河から渥美半島まで約100㎞を結び、農業用水では、年間総水量の約70%が、1万8000ヘクタールの農地へ水を供給し、田原市では、農業産出額が全国一位、豊橋市は九位と農業の大躍進を遂げた。今年で50周年の節目を迎え、もっと豊川用水を知ってほしいと立ち上がったのが、農業プロ集団「豊橋百儂人」のメンバーを中心とした人たち。「豊川用水ができる前は、干ばつが続き芋などしか栽培できなかった事実を知り、豊川用水の大切さに気づきました。農業をする人はもちろん、多くの人に重要性や魅力を知って欲しい」と養豚業を営む鈴木さん。そこで、水の大切さを伝えながら、農業王国が一丸となり東三河ブランド力を高めるため、〟人々が紡ぎ出す美を届ける〝をコンセプトとした「エロティック東三河」が誕生。今年11月には、東京都六本木ヒルズアリーナで、豊川用水の歴史や、東三河の農産物や祭りなどのイベントを開催。豊川用水をきっかけに、新しい東三河の価値を伝える熱意あるメンバーたちの姿に、期待が高まるばかりだ。

 

  • 三ツ口池から豊橋浄水場へ送水

  • 三ツ口池周辺から見える風景も格別

 

東三河になくてはならない、
豊川の魅力

東三河の暮らしを支える「豊川」。
通水50周年を記念した事業も開催!

一般社団法人 寿プロジェクト

田原市田原町二ノ丸4-1
TEL : 090-7609-4035

 

一般社団法人 寿プロジェクト