動く小さなサンドウィッチ専門店 ひだまり食堂

小笠原 大樹さん(右)
地域密着の肉専門店「かどや」三代目。店舗内に、サンドイッチや洋食テイクアウトの「ひだまり食堂」をオープン。

 

溢れんばかりの具材が目を惹くサンドたち

ボリューム満点のサンドや
ハンバーガーなどを頬張る!

 代々続くお肉専門店・かどや内に、おいしい洋食メニューも提供できたらと、2012年、店内の一角にひだまり食堂をオープン。まるでケーキ屋にいるかのような、キラキラと輝くショーケースの中には、食事系サンドやフルーツサンド、煮込み料理などの洋食メニューがずらり。その中でも、上質な三河のお肉を使った、パンからはみ出るほどの具材を挟んだサンドイッチは、男女問わず大人気!昼過ぎには売り切れることもしばしば。「昔から食べる事が大好きで、たっぷりの具材を挟んだサンドイッチを思う存分食べたい!という、子どもの頃に思っていた願いを叶えたサンドイッチを作りたかった」と小笠原さん。今後は、移動販売車を使い、さまざまなイベントにも出店するそう。

 

  • 肉のことを熟知した、小笠原さんが作る料理は絶品

ひだまり食堂

豊川市一宮町泉109-3(かどや内)
TEL 0533-93-0520
営業時間 10:00~15:00 (毎週月・火曜定休)
 
※ この記事は、取材当時のものです。