丸山林業

 

「日本の林業を活性化させたい」
山の良さを伝える活動を続ける

鳳来寺山ろくで林業を営む丸山さんは森林のエキスパート。植樹した木が自然とどのように共存しながら森林として育っていき、その森林がどのように生かしていくのかを、都会の子ども達や地域の人々に伝える活動をしている。「実際に山に入らないと、生木の匂い、みずみずしさは体感できません。
木の良さを直接肌で感じてもらうのが一番です。もっと日本の木を使い林業を活性化させたいです」と丸山さん。15年前から、近くの山の木で家をつくる取り組みを行っている「穂の国の森から始まる家づくりの会」。
イトコーが推奨するこの活動の一環として、実際に丸山さんの山を借りて、イ卜コーの社員や住まい手さんたちが植林や下草刈りの作業を行い、ゼ口から森林を育む活動を実践している。何十年先の未来のための森林を育てながら、自然を生かすことの大切さを丸山さんの取材を通して学んだ。

丸山林業

丸山潤次郎さん

森林を守り、育てる林業家。林業に関しての仕事だけでなく、
山での自然学習の講師、地域活動、
子育て支援の活動を通じて、森林の在り方を教え続けている。

丸山林業

新城市門谷中浦
お問合せは、穂の国の森から始まる家づくりの会
事務局(株式会社イトコー内)0120-86-4191

 

穂の国の森から始まる家づくりの会 ホームページ

 

※ この記事は、取材当時のものです。