家族の絆が感じられる木の家

いつもお互いの存在が感じられる開放的な空間

理想の家を求めて、土地探しをしながら様々な住宅会社を探していたIさんご夫妻。
探している中で「木のある家」に住みたいと思うようになり、イトコーのモデルハウスへ。

 

素足で歩いても気持ちがいい木の床の心地良さと、担当者のあたたかい人柄の良さなどが決め手となり依頼をすることに。
要望は「家族の絆が感じられる家」。

 

部屋ごとに区切るのではなく、家族がいつもお互いの存在を感じられるような間取りを意識し、庭には休日、皆で楽しめる小さな畑も設けた。
そして、年中快適な室内環境を実現できるOMソーラーを搭載。

 

「住み始めて2年ほど経ちますが、冬は家全体が暖かく、夏は涼しいのが嬉しいですね。
採光も工夫していただいたので、昼間は電気をつけなくても明るいリビングもお気に入りです。」
と、ご主人が嬉しそうに話してくれた。