木の家ならではの心地よさと経年変化を愉しめる家

 

杉の床と塗り壁で仕上げたLDK.広い吹き抜けと大きな窓が開放感をもたらしている。
窓はサッシの枠が見えないように造作を施し、外の風景を美しく切り取っている。遮光には障子戸を使用。

 

 

2階には親世帯・子世帯の寝室と子ども部屋がある。ご夫婦の寝室は普段は引き込み戸をオープンにし、階段ホールと一体化して広々と使用。
吹き抜けを通じてLDKともつながり、どこにいても家族の気配を感じられる。

 

建物の南東に設けたウッドデッキでは庭の草木を眺めたり、子どもが遊んだり。

 

キッチンはシンク側をアイランド型にして家族6人分のお皿を並べられる広さを確保。
親子でお菓子作りも楽しめる。