豊橋・豊川の自然素材で建てる一戸建て注文住宅・工務店 | イトコー

豊橋、豊川の注文住宅・工務店イトコー

無料プレゼント 資料無料プレゼント!! イトコーのサービス 施工実例

イトコーでは様々なサービスをご用意しています。

建築実例

お客様の声

蒲郡市T邸  |  穂の国の家

「OMの太陽」と「地元のペレットを使ったストーブ」で気持ちよく暮らす。

~** 住まい手の言葉でつづる「家づくりのあゆみ」。 **~

img1img2

冬本番到来と言った12月、
みかん畑の広がる一角に、穂の国の家に入居され3年目のTさんのお宅にお伺いしました。

自然素材とOMにこだわって。

2012-12-09 14.54.55

家づくりのきっかけは地元に帰ってきたこと。
以前から家には興味があり、チルチンびとを愛読しOMを知っていた。
様々なメーカーの展示場や見学会に行っていたが、気分や調子が悪くなり違和感を持つことが多かった。
息子の喘息のことや自然素材の木を使った家を建ててくれる会社を知人が紹介してくれた内の1社がイトコーさんでした。 「他社も見たがやっぱりイトコーさんのOMと営業の渡辺さんの人柄・一生懸命さが良かったよね。自然な仕組みで外気を取り入れるの清々しくてすごく良かった。 家にいても外の自然を味わえる感覚です。」

2012-12-09 14.55.45

「プランやカラーリングが始まってからは決めることがたくさんあったし、打合せ中、 朦朧(もうろう)としてくることもあったよね(笑)。家づくりで後悔はしたくないから一生懸命でした。」
自分たちの家のイメージ・カラーリングをイラストにして家族で家造りを楽しんだり・・・。家族で話し合って『これだ!』と決めてイトコーさんに相談してみたけど「やんわりと却下されたこともあったね(笑)。 そういう時のプロの目のアドバイスが良かったよね。今思うと自分たちの考えだけで思い通りに作っていたら大変な事になったと思う。」
と想い出を振り返ります。

img3

「棚の位置など細かい所を何度も打合せをしました。特にこの玄関収納には本当に満足しています。」
内玄関には以前に使われていた棚を上手に再利用し、ランドセルやコート、お稽古バックなどがきれいに整頓されていました。
「外出して内玄関を通って上着やカバンをかけてリビングに入ってくる。 お客様がきたらこの扉をさっと閉めると隠れていいでしょう(笑)。」と見せてくれました。

2012-12-09 13.25.23

四季を通じて、自然と気持ちよく暮らす

「生活してみると本当にOMや木の家の良さを実感します。とにかく空気が気持ちいい。
冬も天気がいいと太陽の暖かさが部屋に入ってくるOMの空気に感じられて気持ちいいし、基本的にOMだけで生活しています。湿度も丁度いい。
アパートの時は冬、 喉が痛くなるので加湿器を設けていたけど今は喉が痛くなることがない。
雨の日の洗濯物は部屋干しで良く乾くしね。部屋干ししても 結露が全く無い。アパートや実家では結露がすごくて、カビとか心配で大変だったけど、今は心配がないから本当にいいよね。」

2012-12-09 13.50.16

「夏も爽やか、さらっとしている。吹出し口からは涼しい風がくるしね。
エアコンも全然つけていないし、窓を開けて寝ていますよ。
夏は毎年ヘチマ等で緑のカーテンをして、たわしを作ったり、それをうさぎのラッキーちゃんの餌にしたりしています。
植物の水遣りは雨水タンクで用が足りて、水撒きに大活躍でもう一台欲しいくらい。 雨水タンクの水が少なくなると雨が降って、雨のありがたみを感じます。夏に雨水タンクの水で子供が庭で水遊びしていていると、まぁ、水道水ではないからいいかと大らかな気持ちになります(笑)。」と奥様。
この家では日々の生活の中で自然に対する感謝の思いが芽生えてきます。
緑のカーテンで造ったヘチマ・ゴーヤ・きゅうりは、食材としても使います。
そして来年も自家採取した種を使って、緑のカーテンを楽しみます。

夏の日差し対策もばっちり。緑のカーテンではヘチマを植え、
たわしやペットのうさぎのラッキーちゃんの餌になるそうです。

img4

地元の間伐材や枝皮などを使った
ペレットストーブに惹かれて

「天気が良い日はOMだけでよいが、天気が悪い時は補助暖房が必要だろうなと以前から思っていました。 当時はオイルヒーターを使っていたが、この吹き抜けのある大空間を暖めると考えると暖房能力が高いペレットストーブがいい」
と考えるようになっていったそうです。

img5

「薪ストーブだと薪の入手から乾燥までを考えると、僕らではとても無理だと思いました。
ペレットストーブなら設置する時に壁にタイルや鉄板など貼る必要もないし、大掛かりな煙突工事もない。木の端材などを使うので環境にもやさしい。」
以前子供の小学校で「教室の空気はビタミン材運動」に参加し、山や森や木の現状を知り、ペレットストーブを使うことで少しでも役に立てばと思ったそうです。
朝1番にご主人が起きてペレットストーブに火をつける。 「本格的な冬が来たなぁ~」と実感すると奥様。
昨年設置した時はペレットストーブの前で陣取り合戦を 兄妹でしていたが、今年は娘が先に起きてストーブの前で 暖まって、次に息子が起きてくるというのが 朝の定番になっていると。

2012-12-09 13.28.29 2012-12-09 13.21.58

「朝1~2時間ぐらいペレットストーブをつけて、夜寒い時に少しつけるぐらい。天気がよければOMがあるのでいらない。昨年使ったペレットは30袋ぐらいかな(1袋10kg¥550)。」
「煙も出ないので近所に迷惑をかけないし、灰の処理はそれほど大変ではない。灰は土に混ぜて家庭菜園に再利用できる魅力もある。」
OMとペレットストーブで自然と四季を感じながら 暮らしを愉しむ素敵なT様ご一家でした。

ウサギのラッキー。
OMの生活を1番満喫しているのはうちのラッキー。
吹出し口に1番近い場所にゲージを置いているし、家で放し飼いすると、吹出し口のそばに行くとか。2種類の板の上にゲージが置いてあるけど、必ずイトコーの無垢板の上にいる。動物は気持ちいいところなどが わかっているのだと実感するTさんご家族でした。

img6 img7

最後に・・・ご主人様より

今の世の中に、自然でなくなっている「家」や「農業」や「医療」のこと、本当になにが大事なのか、未来の子どもたちのために考えていきたい。
木の家を建てること、ペレットを使うことで、森が守られ自然循環に貢献できる。
無農薬自然農で造った野菜は、形は不揃いだが、本当に昔ながらのおいしい野菜が食べられる。
西洋医学だけでなく、代替療法のホメオパシーなども使っていけば、医療費削減の上に慢性病が減っていく。江戸時代のような循環型の自然な暮らしに回帰することが本当に大事だと思います。

「家族が家を造り、家が家族を造る」ということを、家を建てている時、
家に家族と暮らしている時に実感しています。

素晴らしい家を本当にありがとう。この家が朽ち果てるまでの付き合いをよろしくお願いします。

pagetop