豊橋・豊川の自然素材で建てる一戸建て注文住宅・工務店 | イトコー

豊橋、豊川の注文住宅・工務店イトコー

施工実例 資料無料プレゼント!! イトコーのサービス 施工実例

イトコーでは様々なサービスをご用意しています。

オーナー: かときっちゃん

帰り道で

夜勤明けで、私用があったため岡崎経由で帰る途中、

山の中にポツンとバス停を発見。

周りには民家は見当たらず、それも大手バス会社のて停留所。

車を停め、ついパシリ。

IMG_2361

 

「下大井野」という停留所。

どうやら、東岡崎に行けるようだ。

時刻表をみると。

IMG_2362

 

3本ほどバスがやってくるらしい。

どんな人が何の目的で利用するのだろうと気になるところ。

朝の時間は1本んも来ず、始発は12時台、最終は17時台。

3時間ほどで、この辺りでできることって、、、。

多くは地元の人が利用するのであろうが、この使い勝手の悪そうな時刻。

そういえば、幼い頃は三河山間部にも豊鉄バスの停留所がたくさんあったことを思い出した。

高齢化・過疎化もあってなかなか公共交通機関の維持は難しいところ。

いつかこの路線も無くなるのだろう。

オーナー: かときっちゃん

ハルノイブキ

最近、天気もいいので、息子のこども園の送り迎えは徒歩で行きます。

その道すがら、

IMG_2318

 

土筆が顔だしてました。

着実に春が近ずいていますね。

我が家のタラの木も

IMG_2320

 

まだまだ硬いですが、膨らみだしてます。

今年は、大きく育ったタラの木を秋に鹿のヤカラにやられたので、枯れてしまったのですが、

根はしっかり張っているので、傍から芽が出て育って。

周りの田畑は、防護柵を張り巡らしているので、うちのようにちょっとした隙間があると、侵入して、我が家の庭に

はいってきます。

今年の冬もビオラやアジサイの芽や野菜などなんども食い散らかされて、こまります。

防護柵が張り巡らしていなかった頃は、そんな被害なかったのに。

オーナー: かときっちゃん

風は冷たいけど、陽射しは、

今年の冬は、比較的過ごしやすかったです。

季節も春に近づいています。

今朝は、霜が降りていましたし、風も冷たいです。

けれど、風がやんだ時の、降り注ぐ陽射しは、

あったかい。

春なんですね、

私の休みと、天気もようやく重なったので、

やっと我が家のお雛様も、お雛様の国におかえりいただけました。

IMG_2314

 

和室もスッキリしたので、まどを開けてみました。

まるで一間続きのような開放感。きもちいいです。

設計の時に、和室とウッドデッキの段差もなくして、窓も格納式にしていただいて、

どうしても大開口にしたかったので、これがしたかった。

けど、花粉症の方々は辛いんでしょうね、、、。

オーナー: かときっちゃん

寒波はいつまで。

 

朝のニュースで、日本海側が大雪で、車が立ち往生しているとのこと。

先週も大雪で、道路にたくさん積もっていたのですが、

その雪がようやく溶けていたところ、量的には少ないですが今週も雪景色。IMG_2053

 

昨日も断続的に雪が降り、時々晴れ間がのぞいてました。

その青空は、空が気持ちがいいくらい碧いです。

空気もキンと澄んでいて、寒いんですが清々しいです。

まだまだ寒い日が続きますが、みなさん、ご自愛を。

しかし、やはり、OMの雪は早く溶けていただかないと、家の中が温まらないので、冬は太陽が恋しいです。

 

オーナー: かときっちゃん

成長とともに

 この家を建てた頃には、小さな子供のことは、あまりかんがえなかったのですが、

息子が生まれてから、家中の危険箇所があちらこちらでてくるものです。

空間をできる限り広くしたかったので、抜け感を十二分に発揮をした我が家。

だから、小さな子供は、どこからでも抜け出せる。

2階へ階段も登れない様にと数年前にすのこを補強して作った、フェンス。

IMG_2045

月日は流れ、息子もすっかり3歳に。

こんなフェンス、簡単にクリアしちゃいます。

聞き分けもわかる様になったこと、多少危ないこともわかる様になったこと、

足腰も丈夫になったこと、親としては、嬉しい成長が感じられ嬉しいことです。

そろそろ、撤去しようと思います。

 

抜け感を大切にしてる我が家。

唯一、きちんと締め切ることができる和室。インフルエンザなど発生したら、速攻この部屋に隔離。

空気清浄機On。

普段は和室の襖も、基本的に開けっ放し。

しかし、キッチンには危険がいっぱい。和室側から侵入してしまうので、ここにもフェンス。

 IMG_2046

ここも、もう必要なくなります。

ひとつずつ、木ネジやあて木を外していくと、しみじみ。

IMG_2047

すっきり、サッパリ、フェンスがなくなりました。

昔の人は、親は子供に育てられるもの、子供らから、たくさんのことを学んだり、考えさせられたり。

その分、成長が嬉しかったりします。

この家も、家族の成長とともに変化していきます。

その時々のライフスタイルによって変化し続ける、我が家で在りたいです。

(なんか、どっかの住宅会社のキャッチコピーみたい………….)

 

オーナー: かときっちゃん

冬らしく

IMG_2041 

やっと冬らしくなりました。

今シーズンは雪が降らないかと思ったら、大雪ですね。

今日もチラチラ、雪が降ってますが、峠は越したようです。

子供らは、待望の雪に大はしゃぎ。

庭でめいいっぱい雪遊びです。

ウッドデッキにもこんもりと積雪。

IMG_2042

 

雪国の定番といえば、、、

IMG_2043

作ってみました、カマクラ。

夜になって、明かりを灯してみたら、意外と明るいんだ、、、。

明日から仕事なので、慣れてはいても、通勤が、辛い、、、。

早起きが、、、辛い。

オーナー: かときっちゃん

秋の葉

 

標高500mの山里は、秋真っ盛り。

赤や黄色や緑、白と青空とのコントラストが、爽やかな空気の中で鮮やかです。

和室から望む庭のもみじとススキの穂、周りの緑の山と紅葉してます。

IMG_1918

 

日曜日は天気も回復する様です。

こんな日は、寝っ転がってぼーっとすごしたいです。

オーナー: かときっちゃん

ハロウィンが終わって

 久しぶりのblogです。

ご無沙汰です。

私の子供の頃は、ハロウィンなんて一般的ではなかったですね。

イングランドの悪霊退散のため、カボチャでお面を模ったのが始まり!?

 11月も中旬、そろそろクリスマス準備、やがておおみそか、、、、、

IMG_1906玄関にあるニッチ部分。

季節ごとに小物でディスプレイ。

今年はこどもサンタとトラ君とコラボ。

今度はツリーを飾らないとね。

 

オーナー: かときっちゃん

癒されたくて

 

このとこら、仕事が忙しく、ろくに家族とも会話もなく過ごしています。

日頃の疲れたものを、癒したくて、ふと、秋葉山秋葉神社へ行きました。image

昔、天狗が住んでいたという伝説もあり、山の頂に立つ神社からの景色は、最高です。

遠州灘や浜松市街、など一望に見渡せます。

天狗もさぞかし見晴らしがよかったでしょう。

image

 

 

この神社で、オススメは、皿投げ。

3枚1セットの皿に願い事を書いて、投射場で投げます。

image

ここから、

image

中央の丸いステンレス製の円に向かって、えいっ‼︎

image

 

 

残念ながら、全部はずれ。

その後に、皿についていたおみくじを見ると、、、

image

 

なんということでしょう、大吉ではありませんか。

皿投げは失敗したけど、おみくじで救われた感じです。

少し、日頃の疲れが晴れた気がします。

 

 

オーナー: かときっちゃん

夏の高原

リオオリンピックも始まり、毎日、日本人選手のメダル獲得に喜んでいます。

4年に一度しかない舞台に、全身全霊かけて闘っている姿は、誰もが感動と勇気を私たちに与えてくれ、

毎日ワクワクしています。

 

日本も暑い夏真っ盛りで、ある意味、みんなも猛暑と全身全霊で闘っているのでは?

作手の里も、暑いです。

エアコンがなくてもすごせる、高原でも、暑いは暑い!

水浴びをしなくてはしのげません。

image

今年初のビニールプール 『キリン君』登場。

妻と娘は、この暑い最中、名古屋へショッピング。

私と息子と男2人は留守番、午前中水浴びしました。

作手の水道水は、山清水利用なので、冷水です。

水を貯めてから、しばらく日光で温めておかないと、さむいのですが、

今日のプールの水は、すぐに温まります。

ひとあそびして、昼食済ませたら、なんだか眠くなってきました。

image

 

いま今から、2階の窓から、風がふきぬけて、爽やかなので、2人で寝ます。

おやすみなさい。

pagetop