豊橋・豊川の自然素材で建てる一戸建て注文住宅・工務店 | イトコー

豊橋、豊川の注文住宅・工務店イトコー

施工実例 資料無料プレゼント!! イトコーのサービス 施工実例

イトコーでは様々なサービスをご用意しています。

理想の家づくりをする為に

将来を考えた資金計画

理想の家づくりを実現する為に、何より大切なのが資金計画です。
マイホームを購入するとなるとついつい気が大きくなりがちですが、大切なことを見失ってしまうとせっかく建てた家を手放す...なんてことにも成りかねません。住宅ローンの仕組みや家づくりにかかる費用などを知り、将来を考えた無理のない資金計画を立てることが賢明です。

土地代と建築費だけが家づくりにかかる費用ではありません

土地を購入する際も、建物を建築する際も、その本体費用以外に様々な諸費用が発生します。

具体的な諸費用

この諸費用は、土地・建物共に2,000万円の場合、約150~250万円程になります。
この分をしっかり予算に組み込み総予算を出してから資金計画を立てることが大切です。

「返済可能額」と「借入可能限度額」を知ろう

将来を考えた資金計画を立てるには、「返済可能額」から考えるのが重要です。
「返済可能額」とは「自分たちは毎月いくらまでなら無理なく返せるか」の金額になります。一般的に返済可能額は税込み年収額×25%に納めたほうがいいといわれています。つまり年収500万円ならば年間返済額は125万円。月間返済額は10万円強という計算になります。
しかし、ここで大切なのは日々の固定費・流動費をもう一度算出することです。今まで賃貸住宅に住んでいた場合は家賃が不要になりますが、住宅を取得することによって固定資産税などが増えてきます。家族構成によっては子どもの学費、食費などの見直しも必要になるでしょう。それぞれにかかるお金を算出したうえで返済可能額を計算してください。
返済可能額の算出ができから、今度はいくら借りられるかを見ていきます。

金利 2.5% 3.0%
毎月返済額 25年返済 30年返済 35年返済 25年返済 30年返済 35年返済
5万円 1,114万円 1,265万円 1,398万円 1,054万円 1,185万円 1,299万円
6万円 1,337万円 1,518万円 1,678万円 1,265万円 1,423万円 1,559万円
7万円 1,560万円 1,771万円 1,958万円 1,476万円 1,660万円 1,818万円
8万円 1,783万円 2,024万円 2,237万円 1,687万円 1,897万円 2,078万円
9万円 2,006万円 2,277万円 2,517万円 1,897万円 2,134万円 2,338万円
10万円 2,229万円 2,530万円 2,797万円 2,108万円 2,371万円 2,598万円
11万円 2,452万円 2,783万円 3,077万円 2,319万円 2,609万円 2,858万円
12万円 2,674万円 3,037万円 3,356万円 2,530万円 2,846万円 3,118万円
13万円 2,897万円 3,290万円 3,636万円 2,740万円 3,083万円 3,377万円
14万円 3,120万円 3,543万円 3,916万円 2,952万円 3,320万円 3,367万円
15万円 3,343万円 3,796万円 4,195万円 3,163万円 3,557万円 3,897万円

こちらの図は毎月の返済可能額から逆算した借入限度額をあらわしています。
返済可能額が12万円だった方の場合、年利2.5%30年ローンという条件で借り入れた場合【3,037万円】が借入限度額となります。これに頭金などを加算した金額が「あなたが買える家の価格」になります。
返済可能額と借入限度額は、年収や条件などによって異なります。より詳細な資金計画シミュレーションをしたい方はぜひ、イトコーまでご相談ください。

大切な住宅ローンや金利のお話

住宅ローンを選ぶときは、生活設計に合わせ安定的な方法か、お得な方法にするかを選ぶのがいいでしょう。選ぶときのポイントは・金利の高低・金利のタイプ・返済の方法の3点です。
一般的に金利や返済方法が一定のタイプは返済計画が立てやすく、逆に変動するタイプは上手に利用していくととてもお得になります。しかし1%の違いによっても返済額に百万円単位の差が生じることもあるのが金利です。その内容についてしっかりと把握しておくことが大切です。

金利タイプ
種類 特徴 メリットとデメリット
完全固定金利型 借り入れ当初の
金利がわからない
◯計画的な返済金計画を立てられる
△金利が低くなっても借り入れ当初の利率を保持
固定金利選択型 一定期間、金利が固定される ◯融通を利かせた資金計画が可能
△更新時の金利が高いとその後の金利が下がってもそのまま
変動金利型 金融情勢の変化に伴い
金利が変わる
◯高金利時に長期で借りるとお得
◯低金利時に短期で返済するとお得
△低金利時に長期間借りると不利

pagetop