豊橋・豊川の自然素材で建てる一戸建て注文住宅・工務店 | イトコー

豊橋、豊川の注文住宅・工務店イトコー

施工実例 資料無料プレゼント!! イトコーのサービス 施工実例

イトコーでは様々なサービスをご用意しています。

理想の家づくりをする為に

まず土地から考えよう

家を建てる為には“土地”が必要です。
しかし、土地を「新しく探す方」「土地の目星がついている方」「すでに持っている方」では、気をつけるべき点が異なってきます。
それぞれのポイント、また土地に関する基礎知識をお伝えしていきます。

新しく土地を探す方

あなたは土地を探すときにまず何を優先させますか?
周りの住環境でしょうか。価格でしょうか。
もちろん様々な事を検討しながら探すこととなると思いますが、ここで一番見逃してはならないことは【家のプランニング】をしながら土地を探すことです。
例えば、間口。間口とは下記事例の場合は南に向いた正面の幅のことです。間口は間取りに影響してきます。少し余裕のある間取りの家が欲しいのであれば、この間口が大きい土地を選ばなければいけません。

また、予算の中から建物の建築にかかる費用を考えず、条件の良い土地があったからといって足早に土地だけを購入してしまうと、いざ、家を建てる時に設備や装備などを妥協せざるを得なかったり、理想とは程遠い家が出来上がってしまうことも少なくありません。

土地と建物が一つになって“住宅”となります。どんな住まい方をしたいか、どんな家にしたいか、しっかりイメージした上で土地を探すことを、おススメいたします。

イトコーでは「新しく土地を探す方」へ、このようなアドバイスを行っております。

1.土地・建築費用・諸費用、すべてにかかる費用を算出した総額での資金計画
土地を購入する際や建物を建築する際に、様々な諸費用もかかってきます。その分を抜かして資金計画を立ててしまうと、想定外の出費が発生する場合もございますので注意が必要です。
そのためにはどのような資金計画が必要か、イトコーでは丁寧にご相談に応じております。

2.お客様がどんな家に住みたいか、どんな暮らしをしたいのかのイメージができるようなアドバイス
自分の理想の間取りはどんなものなのか、部屋はいくつ欲しいのか、などできるだけ具体的にイメージし、私たちにお伝えください。そうすることで土地の判断がすばやくでき、スピード感を持って良い土地との良縁に恵まれることでしょう。

3.地元を最も良く知っている不動産屋におまかせください
イトコーでは自社内に不動産部門(ランドフォルム)を設けております。地元に根付いた豊富な土地情報から、お客様のご希望に沿った土地をお探しすることができます。
» イトコー不動産情報

4.土地、建物、両方に必要な条件を満たした土地をご提案いたします
私たちイトコーは、家を建てるプロと土地を探すプロが連携しているのが最大の強みです。どんな家を建てたいかという情報を基にすばやく土地をお探しできるので、お客様にとって理想的な土地をご提供することができます。また、イトコーで土地を仲介し建築する場合は、一部充当させていだくことも可能です。


土地の目星がついている方

土地には様々な建物への制限がかけられていることをご存知でしょうか。
今、目星をつけられている土地が不動産屋さんで見つけた土地だとしても、相続で譲り受けた土地だとしても、その土地にどんな制限がかかっているかをしっかり把握することが大切です。
その制限は大きくわけて4つあります。それぞれについて説明します。

道路制限

家を建てる敷地は、道路に幅2m以上接している必要があります。これは非難時の進入経路を確保するための「接道義務」です。また、道幅が4m以下の道路に接している土地の場合は、道路の中心線から2m控えた敷地に家を建てなければなりません。気をつけるべき点は、一つの敷地内に二つの建物を建てることができない、という点です。建築基準法では、一敷地内に一建物が原則。親の敷地内に子世帯の家を建てる際は、それぞれの敷地に道路が2m以上接するように計画をしてください。
公道か、私道かによってローン審査に通らない場合もありますので、ここもしっかり確認しておくといいでしょう。

建物用途の制限

現在、私たちの住む市町村では「都市計画法」によって用途地域が定められています。 住居系7種、商業系2種、工業系3種の全部で12種類、その目的に応じて建築物の用途、容積率、構造などに一定の制限が設けられています。 この用途地域を見極めないと周囲の環境は大きく変わってしまう可能性があります。想定外の大きな建物が建って景観が悪くなったり、工場の悪臭に悩まされたりなどのトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、この見極めは非常に大切といえるでしょう。

建物面積・高さの制限

用途地域の種別に応じた「建ぺい率」や「容積率」の割合に応じ、良好な市街地環境の保全、設備とバランスを図るため、又は通風、採光、防火や避難経路を確保するために建物面積や高さの制限が設けられています。北側隣家の日照を遮らないための「北側斜線制限」や低層住居専用地域の「絶対高さ制限」などの制限がある敷地では大きな建築物は建てられないので注意が必要になります。

地目変更の必要性

地目というのは、その土地が何の目的の為に存在しているのかを表すものです。新築する場合にはこの地目が必ず「宅地」になっている必要があります。
もし登記簿に「田」や「畑」とに記載されている土地ならば、地目変更の手続きをする必要があります。地目が「宅地」であるかどうかもしっかり調査しておくのが賢明です。

一見綺麗に整地されたように見える土地でも、軟弱地盤の上に盛土をした過去がある土地では、地盤沈下や液状化をおこす危険性もあります。昔の地名に「田」「谷」「沢」などがついていたとしたら注意が必要です。軟弱地盤は水が関連していることが多いので、そういった名前のついた土地であれば、詳しく調査をしてみたほうがいいかもしれません。

土地を買った後に想定外の費用が!そんな事態にならないようにこちらもチェック!

インフラ又設備が整っているか

電気・ガス・水道など、暮らしに必要なインフラが整っていない土地もあります。その場合かなり大きな出費となってしまいます。これは必ず事前にチェックしてください。

高低差や地盤改良

高低差がある土地では、造成工事や補強工事が必要になったり、海抜の低い土地や水はけの悪い土地であれば地盤改良が必要になります。
安い土地といえど、色々な理由がある可能性がありますので注意してください。

日照・通風をよく考慮した敷地の使い方をおススメします

土地といえば「南向き」とたいていの方が口にされます。しかし、南向きの土地がいいかといえば一概にそうとは言えません。なぜなら南向きに道路があった場合、そこに玄関やリビングが面することになります。人が多く通る道路であればなかなか窓が開けられないといったことも出てくるでしょう。 しかし北側道路であれば南に日差しが入るLDKをつくることができ、周りの声を気にすることなく解放的に窓を開けられる空間をつくることができるうえ、お子さまが飛び出す心配もござません。
イトコーでは、風通りのいい快適な家をつくるために、この敷地の使い方を考慮した設計をしております。

土地を既にお持ちの方

土地をすでにお持ちの方は「建て替え」をされる方がほとんどだと思います。
同じ場所に建物を建てる際にも様々な問題点が出てくる場合がありますので、注意してください。


1. 建築基準法に注意
建築基準法は何度も改正されています。既存の建物の建築時には法にかなっていたものでも、現在では不適格と判断されてしまうものもあるので注意が必要です。その場合、既存の建物自体は違法とは見なされませんが、建て替え時には現行法の基準に適合させる必要があります。


2. 市街化調整区域に注意
市街化調整区域とは、市街化を抑制することになっている区域のことです。この区域は基本的に開発を伴わない建築行為も厳しく制限されています。つまり、この区域に親から土地を受け継いで新築しようとしても許可がおりないことがあります。建て替えが不可能というわけではありませんが、様々な条件をクリアしなくてはならないので、そんな時は早めに専門家へのご相談をおススメいたします。

pagetop