豊橋・豊川の自然素材で建てる一戸建て注文住宅・工務店 | イトコー

豊橋、豊川の注文住宅・工務店イトコー

施工実例 資料無料プレゼント!! イトコーのサービス 施工実例

イトコーでは様々なサービスをご用意しています。

住まいの特徴

OMソーラー

冬あたたかく夏すずしい家

三河の年間日照時間。

私たちの暮らす三河の地域は、年間の日照時間が2,000時間を超えます。
これは、全国的に見ても、太陽を利用するにはとても適した地域であると言えます。

OMソーラー冬の仕組み - 干したふとんは夜まであたたかい。

よく晴れた日に干されたふとんに夜寝ると、誰もがその心地よいあたたかさを実感できます。
冬のOMソーラーの家を例えるなら、まさにその心地よさ。
軒先から取り込まれた新鮮な空気は屋根を伝い、ガラス部分で一気にあたためられます。
昼間は、それをベタ基礎へ熱として貯金し続けます。
夜、十分に貯められたその熱は自然に放熱され、室内は自然なあたたかさに包まれます。
そして、その心地よさは次の日の明け方まで続いていくのです。

OMソーラー夏の仕組み - 土間のような自然なすずしさ。DOMAくーる

暑い夏をできるだけエアコンに頼らず快適に過ごすために、OMソーラーでは地中熱に着目しました。
これは、地中の温度が日本中どこでも年中10〜20℃でほぼ一定である性質を活用しようとするものです。
外気を冷まして換気するという発想が、土間のような自然なすずしさを生む。
それがDOMAくーるです。

OMソーラー夏の仕組み - 夜間外気取り込み

夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。 この放射冷却を利用して、少しでも温度の下がった空気を室内に取り込むのが「夜間外気取り込み」です。 冷房とまではいかないものの、自然エネルギーを活かした工夫です。

春から秋は太陽の熱でお湯を採る

春から秋のOMソーラーは、屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。お湯採りは、春から秋にかけて30〜50℃のお湯が1日約300リットルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が十分使えるため、とても経済的です。

pagetop